SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Cocorone

Cocorone(ココロネ)は 鎌倉にあるミラクルサロン'ano'ano のオーナー LiLiのブログです
<< 冥王星と山羊座の時代 | main | 音をおとどけ☆ >>
覚 和歌子さんのこと
0
    いま、夢中になって読んでいる本がある。





    とはいえ、

    私の読書タイムは 

    お風呂の中か
    車や電車の中か
    夜布団にもぐりこんでから 脳波が停止するまでの 隙間時間。


    なので、
    とぎれとぎれ まだ読み始め 5分の1くらいのところだけど


    最初の一ページ目から 
    グッと 心をつかまれてしまったこの本。


    時間を見つけては 
    ページを開くたびにワクワクし、


    タイムリミットが来て ページを閉じるたびに
    ほっこり&トキメくような余韻が残る。




    名著だと  心から思う。



     覚和歌子さん

    このお名前に あらっ! と目を輝かせる方もいらっしゃるのでは?

    そう、
    有名な宮崎駿監督の 
    『千と千尋の神隠し』主題歌を作詞された方。

    主題歌:http://jp.youtube.com/watch?v=8ENp4y97lxU

    私はこの主題歌 『いつも何度でも』の歌詞に感銘を受け

    その、かみしめるほどに味わいのある歌詞を
    かつて ノートに書き留めたほど。

    歌詞参照:http://momo-mid.com/mu_title/itsumo_nandodemo.htm

    コトノハに宿る 不思議なちから
    しみじみと感じる  一曲です。


    先日 ふと、

    本当に ふっと、
    彼女の名前が思い出され、

    ネット検索にお名前を入れてみるという
    当時は思いつきもしなかった行動に出た私。


    そう、昨今のネットはほんとうに便利。

    お名前と、
    彼女の作った ひとつの歌しか知らなかった私は

    彼女のその他の作品たちに めぐり出会うことができました。


    そして便利な Amazon.com.

    ワンクリックで 満たされる好奇心♪



    届いた本は

    『ゼロになるからだ』



    『青天白日』


    ものを書くことが 最近楽しい私ですが、

    『こういう文章は書けないなあ〜〜〜』と、

    言葉のセンスや 感性に やられっぱなしであります。




    こういう 研ぎすまされた感性を持っていらっしゃる方というのは

    きっと、 

    日々の生活の中では
    その繊細な感性や 観察眼や 気配りやらで

    人一倍の不自由さとも 背中合わせでいらっしゃるのかもしれないなあ、と


    ちょっぴり?
    おおらか《過ぎる?》ほど 
    ここぞ!という時の こだわりが足りない私は

    尊敬と あこがれを 抱かずに入られません。


    のっけから
    旅先で 妖精と出会ってしまう作者。


    その、絶妙なストーリー展開から

    いまだに、
    フィクションなのか ノンフィクションなのか つかめずに居る私。

    いや、
    そんなところを つかむ必要なんて はなからないのでしょう。(笑)


    フィクション、ノンフィクションという
    カテゴライズを超えた真実
    そこには生き生きと 息づいていて


    見えているつもりの これまでのリアリティが
    ちょっぴり 色あせて感じられるほど


    そして、

    この世の もう半分のリアリティを 
    すでにもう 私も感じて生き始めてしまったかのような

    不思議な静けさの中に 小さく湧き出る泉を発見したような

    妙なトキメキが むくむくとしています♪


    まだ 私には
    実際に 妖精と出会ったり 対話をしたり
    そういう逸話を 紡ぎ出せるまでの 素直さは 

    持ち合わせていない


    (・・・と、残念ながら思い込んでいるというジレンマ。笑)

    でも、
    そういう憧れを 越えるハードルは

    意外に 

    “高い、低い” という

    左脳的視野を お休みさせたところに あるのだろう、という気もする。


    そう、
    ふと 目を落とすと

    足元の路地に 
    気づきもしなかった 可愛らしい野草が

    そよそよそよ〜♪っと ゆれているのを みつけて

    「あらーっ☆」 と うれしくなるときくらい自然に。



     “皮膚で耳を澄ます感覚だのう”


    と、
    とある妖精さんが つぶやいたことばが 

    今日はいちにち
    私の中に コダマしていました。


    | おススメ♪ | 18:45 | comments(0) | - | - | - |