SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Cocorone

Cocorone(ココロネ)は 鎌倉にあるミラクルサロン'ano'ano のオーナー LiLiのブログです
<< カンボジア入国 | main | みんなで奏でる >>
希望の味
0
    ☆カンボジア旅行記第3弾☆

    この日も 朝から 

    あたたかくて なつかしくて 
    何ともいえない 幸せな空気に包まれて



    細胞全部が 喜んでいるのがわかるくらいの
    ゆる〜い ハイテンションを味わっていました。

    石と巨木の時間だけが いまも昔と変わらず続く
    タプロム遺跡










    石たちに刻まれた 様々な彫り模様が
    いまも 生き生きとした踊りや おだやかな笑みを投げかけてくる
    アンコール遺跡群を散策していて








    そこ ここに あふれている
    不思議な安心感と 満ち足りた気持ち
    どう表現したらいいのか 

    自分のカラダに刻まれた 感覚の記憶をたどっていると
    思い出した ワンシーンがありました。


    幼い頃

    団地の 家の斜め前の空き地に
    ふかふかと 生いしげるクローバー畑

    気持ちよく寝転ぶと

    すっぽりと 草のにおいにおおわれて
    風にさわさわ ゆれる みどりの手になでられながら

    午後の オレンジ色が濃くなった 光の中に溶けて

    ただ その心地よさだけに浸っていられた幸せな時間


    学校から帰って 
    夕ご飯の時間までのひととき


    自分だけの 自由を
    何の不安もなく カラダいっぱい吸い込んでいられた
    幸せな時代の一コマ。


    今日という日を 思い切り生きて

    自分の未来に限界値を設けず 
    喜びと希望を餌に 生きていた あの頃の味
    自分のなかに ふわっと よみがえってきて 
    ジーンときました。



    カンボジアに入ってから なんとなく
    ずーーっと味わっている この幸せはなんだろう。




    裸足にサンダル
    洗いざらしで着古した服
    倒れそうな骨組みの木の家々に住む 大家族
    土ぼこりで コンタクトレンズがつらい 土の道
    粘り強くものを売りにくる ちいさな子供たち
    道々に散乱する ゴミの山


    でも、確実に 

    日本から音を届けにやってきた 私たちは
    この国の空気を吸って どんどん元気になっていました。



    学校で 新しいことを 少しずつ覚えていくこと

    友達と 今日は何をして遊ぼうか? と ワクワクすること

    帰り道に 色々な発見をすること

    草花の汁で 色水を作るのに夢中だったこと

    雨の日の 増水した水路に長靴で入ること

    ご飯の仕度が できたにおいに いつだって心躍らせていたこと

    たまの日曜日に お父さんが家に居ること

    愛犬が おいしそうな音を立てて 残飯ご飯を食べるのを 
    飽きずにずーっと眺めていること

    お風呂掃除で お風呂を泡だらけにするのが好きだったこと

    麦茶に砂糖を入れると 魔法のようにおいしくなることにトキめいたこと

    一冊のお気に入りの本を 繰り返し読みながら 
     その物語の世界に 丸ごと入ってしまうことが出来た時代

    サンタクロースに お菓子と感謝状を添えて
    次の日の朝 その小さなお礼がなくなっているのがとても嬉しかった時代 

    自分の想像力で 段ボール箱が家になったり
    空き地が基地になったり

    神様とも 自由にはなしが出来て 
    たくさんの希望を叶えてもらっていたあの頃の

    色んな 小さな幸せの記憶が
    こんなにもたくさん よみがえってきたことに驚く私。








    いま ここにある幸せ
    希望に向かう姿勢
    感謝する心
    必要なものと いらないものの見極め方
    側に居る人への 思いやり etc...


    いまと未来を切り開く 良き力
    ここに来て たくさん頂いた気がします。 


    日本に住む私たちも
    もっと 元気になれるはず。


    時間という 幻想
    不安という 思い込み
    無力感という 流行病
     を乗り越えることは 

    実は

    たったひとつの 出会いや
    たったひとつの 気づきから 始まったりするのだ
     と思うと


    多少のつまづきには負けないぞ、という ちからが
    カラダの底から わいてくるような気がするのでした。

    | 旅ごころ | 15:52 | comments(2) | - | - | - |
    >まーくん☆

    メッセージありがとうございます!

    子供も大人も わくわく&キラキラしている国に
    日本も早くなりますように♪

    そんなココロを
    忘れないでいられる大人を 私も目指したいと思います〜☆
    | | 2009/04/18 1:45 AM |

    こんにちは。

    カンボジアこんな所に一度は行って見たいですね。何かのんびりした所みたい。写真を見ていると余計に行って見たいですね、忙しい日本を離れこんな所もいいですね。

    この写真の子供も何か健康そう。子供にはのびのびと育って欲しい。

    今の日本の子供はこんな子に比べるとかわいそう。
    | まーくん | 2009/04/04 11:44 AM |