SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Cocorone

Cocorone(ココロネ)は 鎌倉にあるミラクルサロン'ano'ano のオーナー LiLiのブログです
<< 言えなかったひとこと | main | お母さんになりたい★ >>
つながる幸せ
0
    山口&九州ライブツアーが 無事終了致しました☆

    “音で紡がれる 出逢い” に 心から感動した4日間でした。


    最初の2日間は 地元山口県(宇部市)での演奏。

    初めての地元ライブにも関わらず、
    2夜ともに お店を満席にしてくれた 両親の尽力に心から感謝でした。


    父の声がけで集まってくださった方々ばかりだったので
    年齢層は かなり高めでしたが、

    私の幼い頃を知る 私の知らない方々(笑)にも
    沢山お声をかけて頂き、
    とてもあたたかい気持ちになりました。


    わけあって 10年近く会えていなかった
    従姉妹にも再会できて、 本当に嬉しかったです。

    そしてなにより、
    父の嬉しそうな笑顔に 癒されました。


    父の この笑顔に 
    また出会うことができて 本当によかった。


    長い長い奮闘の時間が すべて洗い流されて
    感謝でいっぱいになりました。



    3日目は九州福岡へ。


    途中、関門海峡を望む 下関は唐戸の港で
    私たちは ちょっと思いのこもった プチ路上演奏をしました。



    ギタリストTAKちゃんのお父様が 山口県ご出身で、
    遺骨をこの関門海峡に流されたとのことで、

    お父様へ 音のご挨拶。



    関門海峡を挟んで 対岸に見える門司の港。

    ここは、私の祖母の生まれ故郷でもあり

    祖母が亡くなる少し前、
    まだ祖母が元気な頃に、

    「おばあちゃんのドキュメンタリーフィルムを撮りたい」

    と、思いついた私は
    祖母の思い出の地を 祖母と一緒に訪れながら
    ビデオに 映像を収めたことがありました。


    その時訪れた 寺院の屋根が見える 唐戸の港で
    こうして演奏ができる時が来るなんて。


    私も、祖母への思いを込めながら

    海峡を吹き渡る風と やわらかな秋の陽射しの中、
    音を運んでもらいました。


    3日目の福岡Slow Dancerでのライブも、
    初めての土地にも関わらず、お店は満員。

    そのわけは☆☆☆

    今年7月、屋久島に皆既日食を見に行った時に出会った
    スペシャルナイスガイ つねさん★が、
    オーガナイズをお手伝いしてくださったおかげ。


    22年間 高校で国語の先生を勤め上げられたあと 昨年退職されて
    今は、エコビレッジやコーチングなど
    新しいご興味のある分野を 精力的にお勉強されながら

    地元を元気にしたい!という活動を 
    やわらかに しなやかに そしてパワフルに行なっていらっしゃる
    本当に本当に 素敵なつねさん♪


    会場では、
    偶然そこに居合わせたお客様同士の中にも 
    また素敵な出逢いが あちこちで生まれたりして☆

    そんな 心温まる瞬間を嬉しく思いながら

    音を届けながら こころ通う繋がりが また新しく生まれてゆく
    そんな ちいさなミラクルに ずっとワクワクしていました。


    最終日は 北九州にある 平尾台自然公園での野外ライブ。


    北九州は母方の実家でもあり、
    わりと馴染みの土地だったにもかかわらず


    こんな場所があったなんて!!

    と、驚くような大自然の光景にびっくり!



    雄大な大自然の中で、

    自然ととけ込む音を奏でる 5組のスペシャルアーティストの皆さんと
    野外ライブイベントを ご一緒できた幸せに 
    リハーサルの時から クラクラと気が遠くなりそうでした(笑)




    このイベントを主催されたのは
    ピアニストの 重松壮一郎さん。
    HP: http://www.livingthings.org/index.html

    重松さんとは、
    かつて 奥多摩にあった とあるギャラリーカフェの
    閉店ライブで ご一緒に音を出させて頂いたとき以来の再会。


    ピアノの前に着席し、
    祈りとともに はじまる 彼のソロ演奏

    音のつぶが とりどりの色の光となって


    やさしく 降り注ぐような
    カラダや心の 深い層に染み込んでゆくような

    聴いているうちに 
    どこまでも広がりのある 音に包まれて 
    自然と一つになってしまうような 


    そんな 
    なにか、神々しいような音の世界。


    音って、やっぱり
    祈りから始まっているんだなあ。

    と、
    思い出さずにはいられないような 時間を過ごしました。



    連休なか日の 自然公園は
    たくさんの家族連れでにぎわっていて


    かわいいかわいい子供たちの 
    元気なはしゃぎ声と 駆け回る姿

    若いお父さん、お母さんの笑顔
    おじいさん、おばあさんの 安らかな眼差しが 溢れていて


    本当に幸せいっぱいの一日を過ごしました。





    たくさんの素晴らしい出逢いの時間
    心温まる 再会の旅。


    この世界は、
    ささやかで とびきりあたたかな愛に溢れている。


    そんな光景を しみじみとかみしめた4日間。


    何より伝えたいのは 
    この旅を 一緒に過ごさせてくれた 大切な仲間たちへの感謝。


    aiちゃん
    Takちゃん
    さとっちゃん
    Joe

    本当にありがとう★
    | 音楽は宇宙からのおくりもの | 14:47 | comments(1) | - | - | - |
    4日間、本当にありがとう!
    たくさんのかけがえのない時間をいただいた4日間でした。
    共に音を紡げる幸せ・たくさんの人の笑顔に包まれる喜び
    これからも、ともに素晴らしい時間をわかちあえたらと想います
    | ai | 2009/10/13 12:54 PM |