SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Cocorone

Cocorone(ココロネ)は 鎌倉にあるミラクルサロン'ano'ano のオーナー LiLiのブログです
<< カオハガン島へ | main | 動き始めた車輪(2) >>
動き始めた車輪(1)
0
    フィリピンはカオハガン島から 戻って参りました☆


    予想外の、 

    というか、


    予想以上の展開と収穫

    めまいクラクラしています(笑)




    “東京ドームサイズの小さな島”

    とは、聞いていましたが

    本当に、
    ぐるりと歩いても20分もかからないほどのほっこりサイズ♪


    日の出の時刻には ニワトリの声ともに目が覚め、





    海辺をゆっくり散歩しながら
    ダイナミックに姿を変える 朝焼けに心うばわれる毎日。




    ちいさな島には もちろん、
    車など 一台も走っておらず


    シャワーは 冷水。
    (お風呂好き&寒いのが苦手な私にとって、唯一の苦行でした^^) 


    どのコテージにも 網戸らしきものはなく、
    おのずと、蚊との共存。



    当然、携帯もつながらないし、
    島にはインターネット設備もありません。


    島のちいさな発電所で作る電気が使えるのは
    8時くらい〜夜は11時くらいまでなので、



    常時 電気を入れておかなければならない冷蔵庫も置いていないそう。



    それでも、
    毎食のごはんは それはそれは美味しくて、
    いつもバラエティに富んだメニューで 幸せでした♪


    カオハガン島のオーナーは日本人なので、
    宿泊に訪れるお客様たちも 日本人が多いため
    ご飯は、日本人向けにアレンジされているのかな?

    と思ってたずねると
    そうでもないらしく、

    フィリピンでも お馴染みの調理法なのだとか。

    昨年の、カンボジアツアーでも
    食事のおいしさに感動しましたが、

    アジア圏のごはんは 基本的に口に合うのかもしれませんね。



    初日の午前中、
    オーナーの崎山さんに 島をぐるりと案内をしてもらいながら
    感じたことはたくさんありましたが、

    ひとことで言うなら
    “小さいながらも すべてが詰まったリトルワールド”


    もちろん、
    いまや 島の外界とのつながり&かかわり抜きには語れない生活だけど、



    ここで生まれて、
    ここで育って、
    ここで家族を持ったりして、
    ここで循環してゆく命のサイクル
    が 

    私には ちょっぴりまぶしかったんです。



    8人家族のおうちの中。家財はこれだけ!


    島の人たちの笑顔に出会うたびに
    自分も、どこまでシンプルにそぎ落とせるかしら?
    と 考えるようになりました。



    さてさて、

    島では、崎山さんのパートナー 順子さんが
    キルトの技術を持ち込んでからというもの、

    キルト作りが島の人たちの 大切な収入源
    に。




    見るだけで元気になる色合いと、
    島の風景を織り込んだ 独特のパターンが人気の カオハガンキルト。









    男性もキルトを縫う と知ったときは ちょっぴり驚きましたが、

    島の小学校の 美術の授業を見学したとき
    繊細でセンスのある作品を作るのは どっちかっていうと男の子が多く、
    なんだか納得でした。^^




    今回、総勢28人!で 日本から訪れた 
    ゆかいでハイパーな パフォーマーの仲間たちが 
    連日連夜、 島の人たちを巻き込んで繰り広げたさまざまな企画。


    音楽あり、ライブペイントあり、
    パントマイムのようなパフォーマンス “ハプトマイム”やら、
    クラフト教室や、バスケットボールに鬼ごっこ、

    さらに、 
    日本とハワイとカオハガン島を結んで 同時刻に行った
    世界や自然界の平和を願う 祈りの儀式にいたるまで。。。

    毎日のお祭り騒ぎに 
    しっかり絡んで 盛り上げてくれたのは島の人たち。


    歌もうまいし、ノリは良いし、キルトはうまいし。

    本当に、
    まるごとアートな島だなあ。。。と 感銘を受けました。


    旅に出る前は、

    『小さな南の島で のんびり音楽でも奏でながらぽけ〜っとした時間を過しつつ、 じっくり自分に向き合う時間も持てるかな 。』



    などと 考えていたのですが

    どっこい。


    想像を超える ミラクルが
    怒濤のように繰り広げられていったのが 今回の旅でした。


    お得意のミラクルストーリーについては次回!(笑)



    暑いとこうなるワン^^
    | 旅ごころ | 23:00 | - | - | - | - |