SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Cocorone

Cocorone(ココロネ)は 鎌倉にあるミラクルサロン'ano'ano のオーナー LiLiのブログです
<< ミステリーツアー in 佐賀1日目☆ | main | 樹齢400年の楓 >>
ミステリーツア- in 佐賀2日目☆
0
    どこへ向かうかわからない
    ミステリーツアーの2日目。

    佐賀在住で父の50年来!の友人にご案内頂き
    佐賀のディープスポットを 今日もハシゴしました。

    呼子の朝市を訪れてから
    名護屋城あとを見て、

    唐津くんちの曳舟展示を見てから
    唐津神社にお参りし、



    嬉野温泉というフルコース。

    ワタクシ、受験では世界史を専攻したため
    日本史をほとんど知らないという
    お恥ずかしい有り様ですが、

    そんな私のハートにうっかり火がついてしまうほど
    インパクトがあったのが【名護屋城跡地】。



    朝鮮討伐のために築かれた
    人口20万人!!を越える町が
    佐賀のこんな《先っちょ》にあったことを知って、

    正直、私は衝撃でした。。。



    また、これだけの僻地(スミマセン(^ω^))に、
    日本中津々浦々から そうそうたる大名たちが
    秀吉の一声で集まり、陣屋をかまえたとは・・・。



    現代に、これだけの実力者たちを
    ひと声で動かせる人などいるだろうか?

    と思ったら、
    色々な意味で すごい時代だったんだなぁ、、
    と思わざるを得ません。

    広々とした跡地を
    少し離れた場所から眺めながら、

    『空と石垣だけは、当時から変わってないですよ』
    と語る学芸員さんの言葉を聞いて、

    こんなにのどかな風が吹き抜ける場所が
    ほんのいっとき《大規模都市》として栄えていた
    という事実をイメージしたらクラクラしました。



    そんなこんなで、
    九州の端っちょに点在する港町のひとつから
    《この国の向かう先》について思いを巡らした
    旅の2日目でした。
    | 旅ごころ | 00:18 | comments(0) | - | - | - |