SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Cocorone

Cocorone(ココロネ)は 鎌倉にあるミラクルサロン'ano'ano のオーナー LiLiのブログです
<< はじめてのスウェットロッジセレモニー | main | 【ラジオ寺子屋】Season.2 配信スタート☆ >>
自分の心を映す
0


    たくさんの人に貢献したいと いつも願いながら
    たくさんの人に手をさしのべてきた大切な友人が

    「事故」を起こしてしまった。

    まったく、思もかけないカタチで 
    ・・・人を殺してしまう ということが、、

    誰の身にだって 起こらないとはいえないのが人生なんだ。。。と、
    頭をハンマーで叩かれたような気がした。

    そのショックや痛みを、
    私のものとして味わった。

    不注意だったという罪、
    すぐに対応しなかった罪、
    逃げてしまったという罪、
    放置したまま時間が経過してしまったという罪、

    罪は罪だが、、

    自分なら、過去・現在・未来、いついかなるときも、
    120%、そんな行動をとることはない

    ・・・などとは、とうてい言えない。

    だから、その人のFBページまで動画で発表して、
    その人が過去に発信してきた言葉の揚げ足を取るまでの報道をしているメディアをみると

    何とも言えず、悔しくなった。

    そんな事故を起こしてしまった人の 苦しみや哀しみに

    ほんの少しでも、思いを馳せることができる人が
    少なくない世の中であってほしい。。。と、祈る。

    メディアにしろ、誰かの言葉にしろ、
    「真実」も、「正解」も、どこにもないのがこの世界。

    情報のうわずみだけに反応する人だって、
    どうしようもなく そう反応してしまう
    恐れやもどかしさと共に生きている。

    だから、
    「責める」「責め合う」という方法では 

    誰も満たされないのがこの世界なんだと思う。

    だから、何かを、誰かを、安易に裁く前に

    「自分自身はいま、このことで何をどんなふうに感じてる?」

    と自分に問いかけながら、耳を傾ける視点を失わなければ たぶん、、、

    世界は壊滅的にはこわれないと信じている。

    過ちをひとつも起こさず、誰も傷つけずに
    生まれて、生きて、死ねる人はたぶん、一人たりともいないのだから。

    哀しみや、怒りや、恐れを一度も味わうことなく
    生まれて、生きて、死ねる人はたぶん、一人たりともいないのだから。

    | つれづれ日記 | 16:28 | comments(0) | - | - | - |