SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Cocorone

Cocorone(ココロネ)は 鎌倉にあるミラクルサロン'ano'ano のオーナー LiLiのブログです
<< ロミロミとデトックス | main | 天国のおばあちゃん >>
リコネクション
0
    リコネクティブヒーリング』そして『リコネクション
    この名前を耳にしたのは二度目でした。

    始めて聞いたのは昨年の初夏。
    ハワイに行くことが自分の中ではっきりしてきたあの頃。
    まだまだエネルギーワークのようなものに進んでお金を払うメンタリティが整っていたわけでもなかったし、ふところ具合もそんなに余裕がなくて、その名前は右耳から左耳に通過して行っただけでした。

    そして今月始め、リコネクションとの再会

    友人が貸してくれた『リコネクション』の本を
    分厚いにもかかわらず、一気に読破。
    そして、まだ全部を読み終わらないうちにリコネクションの予約を入れてしまったほど引き込まれた私でした。



    『リコネクション』によると、現在人間の DNA は、2 本のストランド (ひも状のもの) から成るらせん構造を持っていますが、多次元の世界からみると、本来人間は12 本のストランドを持っていた(いる)と考えられています。リコネクションによってグリッド・ラインに接続されると、いままで機能していなかった残り 10 本のストランドが活性化されるといいます。DNA には、ありとあらゆる情報がはいっているので、リコネクションで、DNA を活性化することにより、自分の本質の完全性や宇宙の完全性と再びつながり、様々な面において飛躍的な進化をとげることができるのだそうです。


    難しい話はさておき、
    それはいったいどんなかんじなのかしら
    ・・・?


    エネルギーワークとか波動療法とか、
    目に見えない部分を扱っていく世界が、自分にとってこんなに身近になる日が来るなんて、1〜2年前までは思ってもみないことでした。

    ハワイ体験前後で、色々なことが自分の周りで起こり始めてからも
    相変わらず私の五感はいたってノーマル(?)で、
    波動だの、色だの、音だの、そうしたものをダイレクトに感じることはほとんどありませんでしたので、今回のリコネクション及びリコネクティブヒーリングも、過度の期待をすることなく、ただ「きっと今の再会が私にとって必要なタイミングなんだろう」という確信だけを胸にヒーリングにのぞみました。

    そしてその体験は、私の予想を裏切る形で静かな驚きをもたらしてくれたのです。

    リコネクションは2回にわたるセッションを受けますが、
    さらにその前に、そのリコネクティブ周波数という特定の波動に体を慣らすためにリコネクティブヒーリングというものを最初に受けます。

    最初に受けたリコネクティブヒーリングでは
    施術者の方が私の体に手を触れることなく、
    送ってこられるリコネクティブ周波数のみで、体のあちこちに色々な変化を体感。
    頭もグーっと押される形で右に左にぐるぐる回る回る。。。
    (もちろん、手で押されているわけではありません)
    体に電気が走るような感じや、体の中から引っ張られる感じ
    さらに閉じているまぶたの裏に静電気がゾワゾワゾワ・・・と走るみたいに影みたいな残像が押し寄せてみたり、本当に色々な感覚が訪れました。

    まあ、そのときはそれがどんな作用をもたらすのかは
    全くわからなかったのですが、
    3度のセッションを体験してすぐのち、
    私は辞められなかったタバコをある日突然、吸う必要がなくなくなっている自分にハッと気付きました。

    これは自分にとって結構な驚きでした。

    だって、我慢するとか何とかではなく
    「ぜーんぜんいらない」
    という感じに、突然なったのですから。

    その他、夢をたくさんみるようになったことも

    まだまだその効果はこれからひとつづつ、自分なりに体感していきたいと思っていますが、なにやら変化が起こっているのだということは明確。

    それにしても、2本のDNAが12本にもなったらいったいどうなっちゃうんでしょうか〜☆

    | つれづれ日記 | 02:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://cocorone.anoano.main.jp/trackback/230912