SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Cocorone

Cocorone(ココロネ)は 鎌倉にあるミラクルサロン'ano'ano のオーナー LiLiのブログです
<< 弁天様が降りてくる? | main | フラワーエッセンスとの出会いを改めて振返る >>
このカラダ この魂
0
    さて
    先日のクリスタルヒーリングコース報告第2弾

    ペアを組んでのヒーリングセッション実習二日目。
    今回は私がモデルとなる番。

    私はヒーリングの際
    あまり視覚的なビジョンを見るタイプではないので
    いつもセッションの前になると、

    途中、どうですか?って聞かれても、なんにも浮かんでこなかったら返事するの面倒くさいなあ。。』と


    ちょっぴり不安になるのですが…


    今回の私の体験は
    ダイレクトに“体感覚”としてやってきました。


    右足が重い。
    右腕も重い。


    重くて重くて、しかもちょっと痛くなりはじめて
    ブリージング(呼吸を使って痛みを流すよう意識をフォーカスしてゆく)をしてみましたが、益々その重さと痛みは増すばかり。

    体の右だけが、まるで違和感のある義足や義手をつけているかのように
    とても不快な感じ


    そのうち 額におかれていた石が 別の石に取り替えられたとき
    でっかい文鎮でも置かれたかのように 頭の裏側まで
    ズーン。。
    と重くなり、こちらもそのうち痛み始める。

    痛いよー
    重いよー
    重いよー
    痛いよー


    はやくセッションが終わって
    全部石を体から取り除いて
    ホッとしたい一心でいたそのとき


    ふと浮かんできた 鮮明な言葉がありました


    わかることに こだわるな



    ???



    ここ最近、
    メッセージを降ろしてくれる人
    オーラやビジョンが見える人
    エネルギーの動きが感じられる人 etc...

    各種サイキックな方々にお会いする機会が増えてから
    そういう不思議な感覚を 何らかのかたちで 
    ちゃんと自分でも「わかる」ようになりたいな・・・

    という意識が 芽生えはじめていた そんな私に このメッセージ。。。


    さらに その一言について想いを馳せていたら
    スルスル・・・と、次のような答えが導かれてきたのです。



    『 今世のわたしは 魂の世界ではあたりまえの感覚である
      ある種のサイキック能力のような“トリック”に頼らずとも
      自分の中にある直感や自己信頼をもとに きちんと
      人間としての学びの人生を 切り開いてゆくこと それ自体を
      ひとつのテーマとして選んできたのだから
     「わかる」ということにこだわることには 意味がないのだ
     』 


    そう理解した瞬間
    本当に心が晴れ晴れして
    体の中心から 力が湧いてくるのを感じました。



    それからもなお、私の右半身は重くて痛くて
    ひ〜ん。。と苦しんでいたのですが、

    次に降りてきた言葉が

    肉体と魂は 別物である』 というインスピレーション。



    “肉体と精神は深く結びついている” というような
    言葉は、色々なところで耳にしたことがあり、
    “全く別物である” というイメージはとっても新鮮でしたが、

    あらためて いま 痛みや重さをひしひしと感じているこの体から
    ちょっと フォーカスをずらしてみてみようとしたら

    なんというか

    痛み 重さ という絶対的な体感覚が ふーっと客観的になり

    あ〜、体を持っているっていうのは こんなにも重さや痛みを伴うもので
     不自由で 限界があって、それでいて かけがえのないことなんだなあ


    と、

    なぜか痛みさえ かけがえのないものに感じられて

    肉体を持っているということは 厄介なこともたくさん起こるのだけど

    これがなければ できないことが たくさんたくさんあって
    これがなければ 学べないことが たくさんたくさんあって

    なんてすごいことなんだ!
    と、感動した瞬間、

    痛みの感覚が 不思議と 不快なものではなくなっていったのです

    その後、
    その 客観的な痛みと 実際に痛いなあ〜 という主観的な?痛みとの
    狭間を 行ったり来たりしながら、

    『 いやー、そうはいっても 肉体と精神を切り離すことは実に難しい。。。

    としみじみ実感。

    そう。
    それくらい 肉体を持って ここにいるというのは
    不自由なことなのです。

    だけど、魂は この乗り物がないと 何一つ達成できない。


    やっぱり体を頂いているって すごいことだ!



    そうして セッションが終了。

    石をどけてもらって 心底ホッとし、
    思い切り伸びをしました。

    痛みはどこえやら。

    あの重さは なんだったのかしら? というくらい
    体が軽くなった感じがしました。


    いつも、クリスタルヒーリングが終わると

    ちいさなちいさな石たちが
    Little ドクターにみえてしまいます。

    きれいなだけじゃ、 ないんだね☆






    | クリスタル&ヒーリング | 19:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://cocorone.anoano.main.jp/trackback/578034