SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Cocorone

Cocorone(ココロネ)は 鎌倉にあるミラクルサロン'ano'ano のオーナー LiLiのブログです
<< このカラダ この魂 | main | イルカから教えてもらったこと >>
フラワーエッセンスとの出会いを改めて振返る
0
    11月のKenさん来日から約1ヶ月半。

    皆様からのご報告をシリーズでまとめてゆきたいと思います

    リーディングを受けた皆様のところに、そのうちLiLiから
    インタビュー電話がかかってくるかもしれませんが(笑) 
    そのときはどうぞ宜しくお願い致します♪

    第一回目は 私自身のKenさんのエッセンスとの出会いのお話しです☆

    フラワーエッセンスという存在のみならず、波動療法やサイキックリーディング、各種ヒーリングの類いには縁遠かった私が、期せずして この世界の橋渡しをするお役目をいま、こんなにも心を込めてやろうとしている不思議。


    それは

    自分の人生が やっと 自分のものであると感じられる感動と喜びをもたらしてくれたKenさんのリーディングボトルへの深い深い感謝の気持ちからはじまっています。


    2006年1月。

    ハワイ島に暮らしはじめて2ヶ月半が経った頃
    私はカウアイ島に1週間の ちいさな一人旅を計画しました。


    その1週間の旅が その後の人生をこんなにまで大きく変化させることになるなんて そのときは想像もつきませんでしたが、
    これが宇宙に溢れているミラクルの ありふれた姿なのかもしれない
    いまは静かに そう思うのです。


    そもそも、ハワイに行くことになったきっかけも
    言ってみれば 直感衝動
    家族の理解はおろか、ハッキリした目的も、計画性も 先立つものもなく

    ただ、『ハワイに行け』
    というメッセージをもらったその瞬間に、

    理屈をすっ飛ばして おなかの中心から 
    とてもポジティブなエネルギーが湧いてきて 


    『行くな、こりゃ』『行くしかない』

    という なんとも言えない確信が訪れたのでした。

    その根拠のない確信だけで、5ヶ月後にはハワイ行きを現実化させてしまったことを思うとき
    直感と、イメージ力と、確信、信頼が どれだけパワフルにものごとを展開させてゆくのか』という事実に 改めて感動します。


     この希望は 叶いそうかどうか?
     実現させるのにどれだけの障害があるだろうか?
     周囲に理解してもらえなかったら どうしようか?
     状況をととのえるのに どれだけの手間ひまがかかるだろうか?

    そういうふうに 頭で考えてゆくと どんどん出てくる制限たち

    心配事で頭がいっぱいになったら、
    本当は自分がなにを望んでいたのか
    何が嬉しくて 何にワクワクするのか
    そういった 自分をキラキラ輝かせる 色彩がどんどん薄れてきて 
    灰色の壁に溶けて 輪郭を失う


    長い年月をかけて作り上げてきた 個々人の“思考・行動パターン”という
    私たちの努力の結晶が、自分の輝きを曇らせてしまっているという事実

    ハワイ行きは それらをふり払って決行した
    バカ”がつくほどの 英断でした。


    ハワイ島で過ごした最初の2ヶ月は
    本当に 毎日毎日 ものすごい勢いで寝て暮らしました。

    毎日毎日 12時間、14時間。。

    寝ても寝ても まだ寝れる

    いつまでも寝ている私を咎める人もいなければ
    『やらないといけないことがやれていない』という発想にしばられて
    眠る自分を責める自分もいない。

    そもそも、目的すら曖昧だった この渡米。
    いつ帰国するのか、本当に帰国するのか(笑)すら わからなかった当初の私。

    とにかく、何も縛るものはなかった


    2ヶ月も泥のように眠り続けたある日、
    調理前のアサリやシジミが 食塩水の中にすべて泥を吐ききったみたいに
    ジャリジャリする心身の不純物は全部吐ききって 
    新しいエネルギーが充電された頃 
    ロミロミを学ぶ初めての師匠に出会った。

    彼女の個人レッスンを受けた初日に、
    『自分の今回のハワイでの学びの大きなテーマは グラウンディング
    と、強く感じた。


    グラウンディング = 地に足をつける


    この言葉、なじみのある言葉ではあるけれど
    実際にこれができない人、そしてバランスの悪い人は 山のようにいると思う。
    かつての私も バッチリそれに当てはまっていました。


    将来を考え、周りとの和を重んじ、自分の役割をまじめに考え
    いつもベストを尽くしたいと 努めているはずなのに 心もとない

     確固たる自信がない。 
     色々な事が不安である。
     誰かに批判されると とても悲しくなる 
     時おり とても切ない想いをする。 
     素敵な人、うまくいっている人が羨ましい。 
     やらなくちゃいけないのに出来てない事に焦りと疲れをおぼえる。
     そのうち、何が一番やらなければならない事なのかもあいまいになる。


    夢がないわけじゃない。
    希望がないわけじゃない。
    努力するのが嫌なわけでもない。

    なのに心が 
    抜けるような快晴の空を見上げて笑顔になるような爽快感
    なかなか 感じられずにいた私。


    そんな私に3本のエッセンスが現れました。

    ひとつめは まさに グラウンディングのためのエッセンス

    もうひとつは 
    自分の内なる知恵や直感にオープンになり、
    内なる真実を信頼することが出来るようになることで、探し求めているものを手に入れてゆくための方向性を見いだせるようになる というもの。

    そして最後に、私にとって忘れられないひとつのエッセンスが登場しました。

    その名は Raintree。。。

    効果:過去世において受けた 悪魔的・黒呪術的なエネルギーの影響で今世においてマインドコントロールが解けておらず、メンタルの牢屋に閉じ込められてしまっているような人に。影を落とすようなかたちで無意識下に影響を及ぼしている恐れ・緊張・不安・悩みを癒す。


    過去世?
    悪魔的?黒魔術!!??

    なんともモノモノしいエッセンス。

    自分の身には関係ないと思われるような単語が続出

    ???いっぱいで飲みはじめたエッセンスでしたが、

    飲みはじめて4〜5日後、
    まだカウアイ島での滞在途中のある日・・・

    ハッ!としたんです。

    自分の胸のあたりにずっとつっかえていたような、
    シミのように染み付いていた“理由のわからない哀しみ感”が・・・


    ない?

    ないないない!?


    スーッとこころが軽く、
    なにより 慢性的な不安感が 自分の中に見あたらない
    やわらかい 静かな充足感に ふんわりと包まれた感じ。

    それによって劇的に変わったのは、
    今、この瞬間にフォーカスできるようになったこと

    それまで、先の心配か、前の反省ばかりに心が奪われ、
    どんなに楽しい場所にいても、人と会っていても 
    どこかスッキリしない時間をたくさん過ごしていたことを振返ると
    目が覚めるような清々しさ!

    でも、どうして?
    なんの努力もしてないのに こうして訪れた変化

    というより、
    いままで『努力』していたのに 変化させる事が出来なかった自分の闇


    本当にたくさんの人が 人生にまじめに向き合っていると思います。

    大事な人を愛したくない人、愛されたくない人はいないのではないでしょうか。

    でも、ときに空回りしてしまう努力や想い入れ
    空回りし続けているうちに こんがらがってゆくココロや状況


    そんな 自分の深い深いところにある大きな学びのテーマを浮上させて
    自然に変化や気づき、必要な流れをもたらしてくれるのが エッセンスの醍醐味だと思うのです。

    その後も Kenさんに何度もオリジナルエッセンスを処方して頂く中で
    どんどん 自分に必要な気づきが掘り起こされ、
    思いがけない展開で変化してゆきました。


    エッセンスは何でも望むとおりに“治してくれる”魔法の薬ではないけれど
    ひとりひとりの魂が本来の輝きを取り戻せるように
    時空を超えて絡まりあった心身のもつれを
    ふわりと やさしく
    整えていってくれるものだなあと感じます。

    ★フラワーエッセンス体験談第二弾はこちら★

    | フラワーエッセンス | 19:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://cocorone.anoano.main.jp/trackback/581444