SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Cocorone

Cocorone(ココロネ)は 鎌倉にあるミラクルサロン'ano'ano のオーナー LiLiのブログです
<< 休日はなにを? | main | ひとつの出会いに >>
この涙の味は。。。
0
     父が  亡くなった

    ほんとうに 突然のことで、

    昨日、最後にかわした一言が
    ものすごく 優しくなかったこと


    想いが届かず、わかりあえなくて
    行き場がなく もどかしいまま

    イライラ、ムッツリした表情で 「おやすみ」さえも言えず


    そんな昨夜の 日常にまぎれた別れが、最期になってしまったことが
    悔やまれて 悔やまれて
    ものすごく 悲しくて 悲しくて・・・

    取り返しがつかない悲しみで 泣きながら 









    目が覚めた。

    あまりにリアルな後味を残して。



    夢の中では 家族で旅行していた。
    久しぶりに顔を合わせ、一緒にいる時間を過ごす中

    私は父の想いをひしひしと感じながら
    それに答えられてはいない自分に苦しみつつ

    父は父なりの 愛情と心配とを溢れさせながら
    気持ちが晴れない 顔をしている


    お互い 自分の想いに対して
    正当化できる部分、出来ない部分

    両方を抱えて

    しなやかさを失っていく 表情。
    ギクシャクする 関係。。


    父の私への思い
    私の父への思い

    どちらも、たぶん
    まちがいなく 愛情にあふれている


    意見が食い違っていたって、
    ほんとに伝えたいのは 感謝や喜びや 思いやりの気持ち

    だけど、うまい方法が見つからないまま
    なんだか 溝のようなものが 深まってゆく。


    頑固なんだな
    二人して。



    そして、とっても とっても
    愛に溢れているんだな

    こんなに傷ついてまで お互いに
    「わかってほしい」思いを 手放せずにいるということは。

    ただ、とびきりの笑顔を交わしたい
    ただ、心からのありがとうを 伝えたい


    ただそれだけが、結構難しい...


    目が覚めて
    ハッとした。

    夢で、心底、ホッとした。

    まだ、 間に合う。




    どんなに毎日、自分なりに頑張っていても
    一抹の切なさが よぎるようなとき
    それは 大事なサイン。


    悔いのない日々を生きるには
    自分の目標に懸命に取り組むこともそうだが

    身近な人との関係を おろそかにしないこと
    とてもとても大切だと思った。
    | 夢のおつげ | 12:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://cocorone.anoano.main.jp/trackback/626316