SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Cocorone

Cocorone(ココロネ)は 鎌倉にあるミラクルサロン'ano'ano のオーナー LiLiのブログです
<< 素晴らしきかな5days♪ | main | はじまりは いつも闇の中から生まれる >>
きわめてロミロミ
0
    温かくなって来たからか
    ロミロミのお客様がまた少しずつ増えて参りました☆

    3月のカウアイツアーのあと
    『勉強のため!』と称して 
    2人の地元のLomiLomiセラピストさんの施術を受けてきましたが

    本当に本当に本当に・・・
    心もカラダも感謝でいっぱいになるような施術に感動しました。


    滅多なことでは泣かない 意外にクールな私ですが(笑)
    一人のセラピストさんの施術の後半に
    宇宙規模で深い愛情に涙が出て来てあわてました。


    そのセラピストさんは、
    以前私がカウアイ島に住んでいた頃に
    プライベートレッスンをお願いしたこともある方なのですが

    その頃の施術とはまた アプローチも変わっていたりして
    ロミロミとは、本当に自由なものなのだなと 再発見しました。

    溢れる愛が伝わる施術
    技術やスタイルを超える ALOHAスピリット

    これらが 本当に施術に宿るために必要なのは

    セラピストさんが 本当に心も体も健康で 
    人生を愛していて
    深い感謝を持って 日々を生きていること
    不可欠なのではないだろうかと しみじみ思うのでした。


    実は'ano'anoを訪れるお客様の2/3くらいは
    フラワーエッセンスリーディングのお客様で
    ロミロミは まだまだそんなに需要がなかったのですが

    フラワーエッセンスや クリスタル
    ジュエリー作りや 音楽活動・・・

    自分が日々携わっている様々なことの根底に流れる
    “想い”には なんら境目がなく

    すべてのことに 私がいままで頂いて感動して来た ALOHAスピリットが
    いつも ありったけ宿りますように。。。との思いだけをこめて
    目の前にある時間に フォーカスして生きているので

    いってみれば ロミロミをすること自体には執着がなく

    こっそり打ち明けるなら、

    今回が最後の施術でもいいから とびきりALOHAな時間を過せますように
    と思いながら、施術をさせて頂いてたりします。


    エステやマッサージ関連にお勤めの方や
    はるばる関西から訪れてくださったロミロミセラピストさんに
    「涙が出ました」とか
    「今までに受けたことがないような施術で感動しました」と言葉を頂いた時や、
    エネルギーワークをやっていらっしゃる方に
    「LomiLomiは完全にエネルギーワークですね!」
    予想できないようなコメントを頂いたときなんかには 
    手放しで本当に嬉しくて

    またロミロミができる日があれば嬉しいなあ〜☆ と、

    ロミロミを看板に掲げているサロンとしては実にレアな感想(笑)を抱きつつ、日々を過ごしている私です。


    いつまでこういうことをやっているか
    いまだにさっぱりわからないけれど
    ノックしてくださる方がいる限り 
    すべての時間に 感謝と愛をこめて
    毎日過していたいと思います花


    | Lomi Lomi | 22:00 | comments(2) | - | - | - |
    yoshiさん

    はじめまして☆
    コメントありがとうございます。

    色々な瞬間に立ちあうたびに
    予期せぬ 喜びや苦悶や驚きや感謝に
    ハッとさせられます。

    >諦めが肝心な時も?

    その感覚も、味方につけておきたい知恵ですね(笑)

    ユーモア忘れず
    いつも笑って飛び越えていきたいものです
    | LiLi | 2008/05/20 12:18 PM |

    サロンについて、さっぱりですが・・・。
    共鳴した言葉達に 初ノックとやらを、させてもらってます。
    類は友を呼ぶのですね・・。
    それも、身の丈に合っていれば無理がないですが。
    悩むほど無理が生じている時こそ、今後に与える影響は極めて鈍る危険性を秘めていると・・。
    そういう時こそ、動くなかれ。
    時には、これまで持っていたこだわりや知識が、アンテナを曇らせることも?
    諦めが肝心な時も?哀しいかな事実。
    全ての答えは自分の中にあったんですね。
    そして、感謝の気持ちさえ忘れなければ 自ずと道は拓けて行くのですね。
    人の言葉に、一喜一憂していた時は疲れてばかりでしたし、とにかく不安なものでしたが・・。
    ありのままの自分に向き合えさえすれば こんなに沢山のご縁に出会え、己の未熟さに笑いがこみ上げてくる次第ですの。                                                
    | yoshi | 2008/05/11 6:09 PM |