SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Cocorone

Cocorone(ココロネ)は 鎌倉にあるミラクルサロン'ano'ano のオーナー LiLiのブログです
<< はじまりは いつも闇の中から生まれる | main | 私を導く物語 >>
物語のちから
0
    先週、とある かつての大ヒット映画をビデオで見ました。

    その映画を見てからというもの
    尋常じゃないくらい ものすごく
    自分の中の 何かが反応していて


    連日 かなり深刻に落ちていました。


    本来、落ちるような映画じゃないんだけど
    その壮大なストーリーの端々で
    自分の過去世につながるかのような 不確かな記憶が
    やみくもに刺激されて

    わたしは
    大きくて深い 自分の中の闇に 
    向き合わされることになりました


    その深い悲しみがどこから来るのか
    自分はそこに どう向き合ったらよいのか

    わからなくて

    大きすぎるその闇を前に
    立ちすくんでいたとき

    大事な友人が
    メッセージを運んで来てくれました。


    私についている ガーディアン(守護神)のひとつに
    赤い毛色の 狼がいて
    何かを捕らえようと 身構えている

    私の合図を 待っていると。


    ちょうどわたしが その映画を見終わった頃と時を同じくして
    彼女に突然、見えたビジョンだったそうです。

    そのビジョンを
    私から連絡があるはずだから
    それまでは教えないようにと

    彼女のガーディアンから忠告されていた彼女は

    昨夜私が 苦しさから思いあまって電話をしたとき
    そのメッセージの詳細が明らかになってゆくのを
    一緒に驚いていました。


    その狼が掴もうとしているものの正体は
    直接 わたしの幸福につながるものではないけれど

    確実に
    私の魂を進化させる何かであることを
    彼女のガーディアンは 彼女に教えてくれたそうです。


    たくさんの発見をもらって電話を切ったあと
    私は カードに聞いてみました。

    その狼が掴もうとしているものの正体は?


    答えは <信実>という
    カードでした。

    真実には、様々なレベルがあります。
    経験や知識に基づく真実は、日々変化しますが 宇宙の心理は永遠です。
    宇宙の心理は、あなたの魂の記憶と調和して共振すると、真実としてはっきりと理解されることになります。

    私たちの多くは、行く層もの否定の下に真実を葬っているため
    真実を掘り起こすための徹底したワークを必要としています。

    まずは、深く傷ついた体験を思い出すことから始めましょう。

    そのときあなたはすっかり打ちのめされて、感情を押し殺すためなら何でもやってみたのではないでしょうか。 あなたは他のことを考えるようにするために、あるいは忙しくして忘れるために、怒りや恐れなどの激しい勘定を認めずに済ませるために 様々な努力をして来たのではないでしょうか。

    苦痛から逃れようとしても難しいのは、
    感情は体験のように外側にあるものではなくあなたの内側にあるからなのです。

    自分の感情を拒絶することは、自分自身の一部を拒絶していること同じです。

    感情はどこかに行ってしまうのではなく、あなたの側にとどまり
    表には現れない感情の暗流を作り出します。

    それがあなたの注意をひこうとして
    未来の体験まで操作してしまうのです。

    感情は、あなたが体験することを不愉快なものにするわけではなく
    ただ、あなたを守ろうとしているだけなのです。

    自分自身の失われた部分を再生させて 幸せを取り戻しましょう。

    ・・・中略・・・

    よいものでも悪いものでも、激しいものでも繊細なものでも、
    自分の本当の感情を受け入れるとき、あなたは喜びや無条件の愛、
    感謝、許しなどを感じる力を増します。

    暗闇でふさがれている肉体のままでは それを受け止めることができません。

    変容の本質とは、自分の闇を見つけて
    自己否定していることを認め、愛と光でその闇を満たすことです。


    真実の感情に同調することで、エターナルセルフとつながることができます。



    私はその映画を見たあと
    自分の中に眠っていた 深い深い悲しみの感情が
    ものすごくはっきり押し寄せて来て
    3日や4日たっても収まらず、途方に暮れていました。

    今まで 何度かトライしたヒプノセラピー(退行催眠)でも
    自分の過去世のビジョンにアクセスすることができず

    その得体の知れない悲しみ
    どこから来るのかをひも解くことはできずにいました。


    でも、いま
    なにかが動き始めたことを すごく強く感じています。

    いまなら 過去世にも 
    自らアクセスすることができるかもしれません。

    そして それによって

    かつての自分の思い残したこと
    いま この時代に生きている私にできること 


    そうしたものが 
    より明確になってくるに違いないと感じています。


    そう思えた直後から
    自分に必要な 新しい情報が次々に入って来るようになって
    自分でもちょっと驚いています。

    今朝は興味深い夢もたくさん出てきました。


    悲しみを、無感覚にして葬るのではなく
    そこに愛を持って受け止めにゆくとき

    きっと、またもう一歩先へと 進めるにちがいないと

    いま とても勇気に満ちています。


    | 夢のおつげ | 01:18 | comments(0) | - | - | - |