SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Cocorone

Cocorone(ココロネ)は 鎌倉にあるミラクルサロン'ano'ano のオーナー LiLiのブログです
<< カヒロアという施術 | main | “条件”では決められない  >>
好きの理由
0
    連日、ざっくりとした雨降りと 
    花火より豪快なカミナリが続いていますね! 

    今日は土砂降りの中、
    恵比寿ガーデンホールに 久しぶりにライブを聴きに♪

    お目当ては 私のサックスの原点
    Andy Bevan氏がサポートする柏木広樹氏(チェロ)のツアー。
    アンディ目当てでしたので 始めて聴く柏木さんの演奏も楽しみでした☆

    しばらくなかなか ライブに行くチャンスもなかったのですが

    人生を変えてくれた アンディのサックスの音色に
    時々無性に会いに行きたくなる私。


    初心に戻りたい時とか、ふと。


    細胞全部が喜んでいるのがわかるほど
    大好きな音を聴かせてくれるミュージシャンが何人か居ますが
    同じ楽器でも、本当に本当にみんなその人の音色があるのがすごいです。

    アンディの音色は 泣きたくなるくらい透明
    自然の中で 自然が奏でる音を聴いているような透明感
    色々なものを 洗い流してくれるのです。

    風のような 水のような 
    でも、柔らかいだけでなくて 
    その音に射抜かれて ピーンと頭の芯まで冴え渡るような

    花が花として
    木々が木々として


    そのありのままの姿で 力むことも媚びることなく 
    存在の美しさを全うしている

    そういう潔い美しさを思い出させるような
    クリスタルのような音。



    久しぶりに そして このタイミングで
    またアンディの音を聴けて 本当に幸せでした。

    もう一人、
    抱きつきたくなるくらい好きな音色のサックスプレイヤーが居ます。

    カークウェイラム

    もう、一音だけでいちころです。(笑)

    音がこんなにも力を秘めているものなのかと
    毎回、脳内革命が起こるくらい すごいアーティストです。


    この人の音を聴いて帰った日は
    興奮して眠れません。

    上がるというか 爆発するというか(笑)
    自分の中の ありったけのものがこみあげてくるというか

    10月の来日公演も 万難排除して駆けつけます。
    キックバックカフェにて☆ http://www.kickbackcafe.jp/


    こんなに 色や言葉や音が溢れる世界だけど
    埋もれることなく 耳や目や心にダイレクトに届くものがある。


    そして、
    人それぞれ、響きあうものが違うのがまたおもしろい。

    じわじわと好きになる恋愛もあれば
    瞬間に落ちる恋もあるけれど

    まるで恋のように
    理屈なく響きあってしまう感覚
    これからも 色々なところで体験したい。


    かつて、私のサックスの師匠が言っていらした。

    『感動するってことは、それと同じものが自分の中にあると言うことだよ』


    そのときは

    『なんて恐れ多いお言葉!』と
    5割りは納得しきれていなかったけれど

    今は視点が変わってきて、
    そういうことなのかもしれないと思うのです。

    先日、ある方に
    『感性』についてたずねられたことがありました。



    よく、感性を磨きましょう!
    というような言葉を見かけるけれど
    感性を意図的に『磨く』ことができるかどうかはさておき、

    思うのは
    感性を磨くための具体的なハウツーはないけれど

    毎日自分の人生をよりいっそう愛せるように心を砕いて生きることや
    何かにむかって努力をしたり
    色々な出会いやサポートに心から感謝したり
    ありのままの自分を受け入れたり 乗り越えたり

    そんなふうに 自分なりに真摯に日々を生きていると

    ときおり、
    それこそオリンピックや世界陸上のような スポーツの世界のある一瞬を見ているときや

    ライブなどを聴いていて、いま、ここでしか出会えない一瞬の音の中に
    その演奏家の深みが溢れ出ているのを感じ取ったり

    切り取られた絵画や写真や作品の中に 無限の時間を垣間みたりして

    図らずも湧いてくる熱いものに出会えることがあり。

    それはたぶん、その人物や作品の偉大さに平伏すからというよりは
    自分の中に、なにか共鳴(共感)した 「同じ思い
    不思議な配合で化学反応を起こすからなのかな、と思ったりします。

    うーん
    言葉にするのは難しい!!

    自分を受け入れ、愛することは
    なかなかに容易いことではなかったりもするけれど


    もし、自分が心から感動できる瞬間に出会えたなら
    それは、

    もう自分の中に既にある 自分の大切なものに出会ったのだと思って
    自分を信じて大切にする力に かえてゆければいいのかな思うのでした。

    | 音楽は宇宙からのおくりもの | 23:07 | comments(0) | - | - | - |