SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Cocorone

Cocorone(ココロネ)は 鎌倉にあるミラクルサロン'ano'ano のオーナー LiLiのブログです
復活の意味
0
    3月のカウアイツアーから帰国してからというもの
    本当に色々なことが 流れまくっております♪

    ツアー前、最中に、これでもか!と
    4回続けて 『復活』というカードを引いたお話は
    先日のレポートhttp://cocorone.anoano.main.jp/?day=20080322でお届けしましたが、


    完全復活 


    確かにしましたよ♪


    なにが復活したか、
    それは あらゆる不安を手放した清々しさと 自己信頼。

    2006年秋、 ミラクルにまみれて帰国して、
    しばらくはあんなに満ちていた 根拠のない“信頼感”
    1年半の歳月をかけてしぼみかけていたのは事実。

    人生につきまとう『困難さ』というものを
    気づかぬうちに『あたりまえ』のものとして受け入れて
    格闘”し始めていた私は、
    ミラクルな流れが『あたりまえ』という感覚を 
    どこかで確信できなくなっていたわけです。

    努力 不安 努力 不安 努力。。。

    そんな献身のもと、
    なんとか色んなことを切り抜けてきたけれど

    少しずつ失っていたあの、不安を手放した清々しさ


    それが、
    再びカウアイ島を訪れたことで
    なにを努力したわけでもないのに戻ってきたというミラクル☆

    これぞカウアイパワー!


    その復活の素 となったのは
    カウアイ島の だと、私は確信しています。



    あの、泣きたいくらいのALOHAに満ちた
    光と、風と、月明かりと、雨音と、夜の闇と静けさ

    そんな中に身を置いているだけで
    自然に 自分のベースに戻ってゆく

    東京という場所で
    LomiLomiをしたり、フラワーエッセンスを伝えたり
    宇宙樹を作ったり 音を奏でたりする中で

    私が伝えたいのはこういうことなのだなあ
    思うのです。



    6月のカウアイツアー
    今回も ご縁のある方々と
    素晴らしいミラクルをたくさん体験できたらと思います!

    6月のカウアイツアー情報はコチラ☆
    http://kotoritoki.com/news.html
    http://anoano.jp/special.html

    | ミラクルハワイ | 00:25 | comments(0) | - | - | - |
    秘境☆ ナパリコーストへの想い
    0
      2度目のカウアイツアーへの旅立ちまで
      あと一週間となりました☆

      おかげさまで
      一息つくのはブログを書く時だけ、という
      忙しい毎日を過ごしていて
      相変わらず旅の準備はなにひとつ手がついていないという状況ですが

      ひとつだけ、
      着々と準備を始めていることがあります。

      今回のツアーのあとで
      Paulと二人の友人たちと 
      ナパリコーストにあるKalalauという土地へキャンプに行きます。


      歩いて11時間以上かかると言われるその場所は
      カウアイ島に住んでいる人さえ滅多に足を踏み入れない
      スペシャルな場所で、
      米国のSIERRAクラブが、全米でも最も厳しいハイキングコースの一つと発表しているほど。


      Paulも私も初めてのチャレンジで、
      いま、色々と情報を集めていますが、
      正直、行ってみないとわからないことも多く
      ドキドキしています。


      実は この場所には
      これまでも何度かキャンプに入ろうと試みていたのですが

      『11時間ハイクくらい頑張ればなんとか☆』と、

      軽い気持ちで考えていた私は
      最終的にかなりの準備不足を感じて断念してきました。


      前回のツアーのあとに、そのことを反省して
      今回はそのキャンプを実現させることに かなりフォーカスをして
      準備を進めて来たところ、不思議なことに

      日程的にばっちり重なるはずだった生理の時期が
      なんと、4月、5月と、いきなり2週間も早まってしまったりして

      「カラダも準備している!?」と かなり驚いています。


      先週、アメリカ・インディアンの世界に詳しい
      北山耕平さんの講演会に行ったとき
      本当に素晴らしいお話をたくさん聞かせて頂くことができ
      自分の中にたくさんの課題が ワクワク&ムクムクと湧いて来るのを感じたのですが、

      あまりに中身の濃いそのレポートの全容は 
      また改めてご紹介するとして

      ひとつ、
      今回Kalalauへの旅を通じて感じてきたいことのひとつに

      ある特別な場所への 深いコミットメントを通じて
      自分の中で何かが変わるか



      見えなかったものが見えるようになるきっかけを
      ほんの欠片でもつかむことができるか


      謙虚な気持ちで 
      自分と 自然とのつながりを再構築してきたい
      思っています。


      今日も、秋葉原で大変な事件がありましたが
      本当に、一人一人の中で 多かれ少なかれ
      たくさんのものが壊れかけている(壊れてしまっている)今。

      北山さんもおっしゃっていらっしゃいましたが

      『かつてのように、外圧によって変わることを余儀なくされる時代が終わり、いまは 内側からの危機によって崩壊がおこり、変化に出会って行く時代』に、私たちは生きているようです。


      北山さんの講演会の後半で、


      「日本人のアイデンティティを呼び覚ます鍵は?」

      という問いに、北山さんは次のように答えていらっしゃいます。


      自分たちは何者か、というルーツを掘り下げていくためには
      歴史を勉強することが必要ですが、ただ、
      今存在する資料の中から日本の歴史を学ぶとなると、
      奈良、平安時代から先へはゆけない。

      統一されたあとの“日本”という歴史の向こうにあったものを
      そこから知ることはできない。

      自然の一部としての自分のルーツをもう一度取り戻すためには
      日本列島という大地に敷かれた“日本国”という絨毯の下をめくっていくことが不可欠。

      自分とコネクションのある場所を見つけ、自分のスピリットと自然をつなぐ作業は、自分で自然の中に入り、ひとつひとつ感じ取ってゆくしかない。


      いわゆる歴史を学ぶと言う行為は
      “絨毯がどうやって敷かれたのか”を学ぶことにしかならないところが
      とてもトリッキーなのだと。

      “国家”や 他者によって与えられた価値観という
      枠組みの中に入っている限り、次の時代のリアリティはないと。




      今回私が分け入る自然は ハワイの自然ではあるけれど

      人はみな、本来
      宇宙と自分とが一体だった頃の感覚を 
      ちゃんと この体に記憶している存在
      だと思うので

      日本人としてだけでなく
      地球に生きる人として 
      素晴らしい大地との関わりで感じられる感覚を
      深く深く掘り下げていくことで
      色んなことがつながってくると感じています。


      自分の中の
      どんな祈りに出会うでしょう



      | ミラクルハワイ | 00:41 | comments(0) | - | - | - |
      カウアイ到着☆
      0
        怒濤のような日々を終えて
        今朝カウアイ島に到着致しました。

        終始のんびりのハワイタイムに 

         ホッ 

          と一息。

        予定などたてないのが一番理にかなっているこの島では
        何が起きても 流れに身を任せているのが一番。


        出発前に、カードを引いて クリスタルグリッドを作りました。



        ★左がツアー全体ののテーマ 〜surrender(明け渡す)〜

        ★真ん中はナパリコーストキャンプのテーマ 〜courage(勇気)〜

        ★右がポールと私のテーマ 〜creative power(創造の力)〜



        前回の倍に増えた参加メンバーの方々と繰り広げるミラクルツアー☆

        何が起きても オープンマインドで行ってきます♪

        | ミラクルハワイ | 11:59 | - | - | - | - |
        拾い物の日♪
        0
          6月のカウアイ島といえば!!


          “マンゴー拾い”の季節です♪


          日本では○千円もする お宝マンゴーが
          無防備にアチラコチラに落ちてます☆



          レストランなどの裏庭に落ちているマンゴーを
          両手いっぱい拾って いそいそ&ホクホク♪と車に積み込んでいても
          だれにも とがめられません。



          ダッシュボードいっぱいのマンゴー★


          落ちてすぐの きれいなマンゴーを狙います☆

          虫に食われるのが先か
          私に見つかるのが先か

          死闘が繰り広げられます(笑)

          今日もいっぱい拾えましたので
          そばの石仏にもお供えしてきました。



          今日はそのあと
          ビーチにビーチファイヤー用の木切れを拾いに行きました。
          一晩中火を焚けるように、たくさん拾いました。



          ポロホリビーチで過すキャンプファイヤーは格別です♪


          コーヒーショップやスーパーマーケットやカフェをうろうろしていると
          色々な人に出会います。

          そして色々と情報交換♪
          欲しい情報がいっぱい落ちてます。


          拾い物天国のカウアイ島は
          色んなところに色んなものが落ちていて楽しいです♪


          明日は満月。

          皆さんをお迎えする夜は、聖なる山アナホラの眼下に広がるビーチで
          夏至の満月が水平線から昇るのを見に行きます。

          いつも、気づけば頭上にあるお月様
          地平線から顔を出すのを待ちながらお迎えする時間
          カウアイツアーの始まりにふさわしい時間になると思います♪






          | ミラクルハワイ | 18:01 | comments(0) | - | - | - |
          ハワイ島で宇宙と地球を感じる
          0
            せっかくの涼しい夜なのに なぜか眠れず

            久々に訪れたハワイ島のことなど 書いてみようかと♪



            カウアイ島へは3月にも訪れましたが、
            ハワイ島へ里帰りするのは 実に3年ぶり。

            なじみの土地 Hilo(ヒロは島の東にある雨の多いしっとりした町です)の変わらぬ風景にホッとしたり

            火山活動が ものすごく活発になっていて
            その影響で 見たこともないほどアクティブな溶岩活動を見ることになったり。


            地の上も下も 生きてるなあと実感

            Hiloは カウアイ島とは比べ物にならないくらい
            規模の大きなマーケット(市)が魅力☆

            野菜や果物、手作りの料理に加えて
            たくさんのクラフトショップやパレオのお店も☆

            私が大好きだった屋台のおじさんも健在で
            大好物だった 特大チーズケーキにも再会♪

            ホストマザーの元気な姿にもお目にかかれて 本当に嬉しかったです。


            そんな 変わらぬ風景と一変して、

            火山

            噂には聞いていたけれど、予想を上回る活発ぶり!



            以前住んでいた時には、このハレマウマウの火口から
            煙は全然見えていませんでした。

            地元の人たちもはしゃいでいて(?)、
            溶岩が海に落ちるのが見えるスポットは 人気観光地のようににぎわっていました。

            以前訪れた頃にあった駐車場は 既に
            溶岩活動で流されてしまったとのことで
            最近できたばかりという新しい駐車場は ものすごく広くなっていて
            訪れる人たちの車でぎっしり!

            夕暮れ時から夜にかけて行くときれいに見えるということで
            私たちも足を運びましたら。。。


            大〜変〜だ〜!!




            110番〜〜〜!!!

            こうして大地が生まれたり なくなったりしながら
            人はこの土地の上で暮らしてきたんだなあ と、感無量。


            火山と言えば 
            もうひとつのお気に入りスポット マウナケア(山)


            4000メートル級のこの山は、当然ながら山頂は空気が薄いです。
            この度は、一度登ったことがあるから体が慣れていたのか
            さほどでもありませんでしたが、

            空気が薄いと ふわ〜ん。。。と意識が遠くなります。



            ご覧のように、雲も遥か下。

            以前来た時は、サンライズを拝みに 友人の車で早朝に登りましたが
            今回は サンセットを見るツアーに参加しました。
            (一般のツアーはサンセットツアーのみ)


            山頂にあるいくつかの天文台には 日本のスバルという天文台もあり
            神々しい姿に なんだか誇らしい気持ちも芽生えたりして。


            (左端のが スバルです☆)


            こごえるほど気温が低く、
            長時間は外に居られないほどで
            暖房のガンガンかかっている車の中に駆け込みたくなるほど
            冴え渡る空気の中

            サンセットを待ちます。


            神々しい。。。。


            こんな美しい星に 私たちは生きてるんだな。。。


            感謝と祈りを捧げずにはいられない。。。。


            初めてここで見たサンライズが忘れられなくて

            あのとき

            『ここで死んでもいいなあ〜』

            『このパワフルな陽のもとで 骨まで風化してサラサラ...と 
             風に吹かれて この星のどこかの土に還りたい..』


            そんなふうに 強く感じたのを思い出しつつ

            サンライズとはまた別のエネルギーに出会って

            陽と動のエネルギーが支配していた 昼間の世界から
            深まり行く 静かな闇の世界に入るとき


            自分の内に向かう時間を与えられて 
            ホッとし、また違った感謝が生まれるのを感じる。


            明らかに違うパワーで 私たちすべての生き物の命のサイクルを支えている

            光と闇
            陰と陽
            動と静 の営み

            動物たちは、みなそれに抗わずに生きている
            思考が発達しすぎた人間以外は。

            本当は
            この宇宙や自然の法則に 抱かれて生きているだけで
            いいのかもしれない

            生きている意味とか 価値とか
            そんな他者の評価や 自分の判断など超えたところで

            ただ 生きているだけで
            ただ 死んでいくだけで


            なにも 心配などいらないのかもしれない。


            山頂から降りる途中に見た半月を写真に撮ったら・・・


            不思議な姿を見せてくれました

            私たちが“知ってる世界”は
            本当に 私たちが知っているものと同じなのかしら?



            ・・・と 思いにふけっていたら 夜が明けてきました(笑)
            | ミラクルハワイ | 04:21 | comments(0) | - | - | - |
            うわさのナパリコースト☆
            0
              ハワイ報告第○談は、ナパリコースト探検記☆

              カウアイ島北西部に位置するナパリコーストは
              通常約11時間のトレッキングか、またはカヤック、ボートでしか
              入ることが出来ないワイルドな場所。

              現地でみかける『ナパリコーストツアー』というのはたいてい
              ボートで海からカララウの谷を眺めるだけ。

              それはそれで美しい眺めなのですが、

              今回私たちは 体験者の誰もが口を揃えて勧める
              その下界と切り離された パワフルなエネルギー磁場を満喫するべく
              3泊4日のキャンプに挑戦しました。

              企画の段階では、
              果敢にトレッキングで攻めようと思っていたのですが
              色々な方のアドバイスもあり、
              直前で、今回はボートで乗り入れるプランに変更。


              とはいえ、
              これまた 一大アドベンチャーの香り。。。


              なぜなら、カララウの谷には
              ボートが着けられる桟橋のようなものはなく、
              海のコンディションにもよりますが
              できるだけビーチの近くまで ボートが寄せてくれるけれど
              そこから 荷物を抱えて 海へザブーン汗と飛び込まなければなりません。


              そんなの、誰もが未体験です。。。

              波の高さは?
              泳がなければならない距離は??
              無事に荷物を運べるのだろうか???

              到着まで、ハラハラドキドキでしたが、

              行きの日の海は 本当に本当に穏やかで
              まるでプールのような凪

              船長さんも 途中、岩の洞窟や小さな滝など
              美しいスポットに度々立ち寄ってくれて サービス満点☆


              ★海から眺めるカララウの谷★



              最終的に、船も岸から訳10mくらいまで接近して停泊することができ、
              思いのほか楽々と カララウに上陸することが出来ました♪


              上陸したらまずは テントをはる場所を探します。
              カララウの谷は、外から見ると茂みしか見えませんが
              その中一帯に たくさんの人たちが住んでいます。

              キャンパーだけでなく 実際に“住んで”居る人も。

              この場所は、一応、居住禁止エリアなので、
              住んでいる人たちは一様に 『違法』ということになりますが

              だれがそんなの決めたんでしょう。。。

              時々、政府が派遣するレンジャーが抜き打ちで入ってきて

              『違法住民狩り』

              をするそうです。 
              結構、ひどい話もたくさん聞きました。

              なので、毎日上空を飛び交うヘリの音や
              岸に近づくボートのエンジン音に、彼らはとても敏感です。

              観光用のヘリやボートのエンジン音とちがうらしく
              敏感に聞き分けて、 サササッ と身を隠します。


              通常のキャンパーたちは、入場許可証を申請して入らなければならないため
              許可証を持っていれば 安全ではあります。


              さて、
              私たちは 水場とヘイアウ(聖地跡)の近くに キャンプスポットを決め
              落ち着くためのテントはりから。



              茂みの中は、場所によっては風が抜けなくて蒸し暑いので
              いい風が吹き込む場所を選んでテントを張りました。


              ★入り口からの眺め★

              私は、持ってきたお気に入りのクリスタルを
              玄関先の 岩の上に安置。




              次の作業は、水を汲みに行くこと。


              ★おじいさんは 川へ水汲みに〜(笑)★


              もちろん水道なんてありませんから。
              そして、かまど作りも欠かせません。

              水を汲み、火をおこし、料理をする

              どれにもそれ相応の時間がかかりますので、
              おなかが減ってから動き出したのでは間に合いません(笑)


              ひとつひとつの作業が
              ひとの動けるスピードでしか 進まない。

              システム化されたものが なにもない。

              だから、おのずと 自分のペースを把握するようになる。


              夕暮れ時、
              変わりゆく空を 心行くまで眺める時間も格別です。









              黄金のグラデーションの世界を 一滴も残らず堪能したら
              真っ暗な闇の時間が始まります。


              音のない世界

              うっそうとした茂みに守られ、 波音さえ届かない

              新月を少し過ぎたばかりの時期
              闇の濃さも いっそう深い


              1日目にして、既に時間の感覚が変わってきました

              疲れていたせいもあって
              きっと、ものすごく早く眠りに着いたと思うのですが

              次の朝、夜明け前に一斉に鳴き出す
              様々な小鳥たちの大合唱にも負けず
              気が済むまで眠り続けた3日間でした。

              早寝&遅起き♪

              明日は 噂の滝壷までトレッキング〜♪
              | ミラクルハワイ | 02:25 | comments(0) | - | - | - |
              マンゴー様に出会う☆
              0
                ナパリコースト、カララウの谷で過す日々は
                本当に動物に帰った気分になります。

                今回、天候にはとても恵まれましたが、
                雨が降り続いたりしたら みんなどうするんだろう?

                実際に住んでいる人たちは
                日々の食べ物とかどうしているんだろう?


                そんな心配をよそに
                ここで暮らす人たちは しっかり生きています。

                仲良くなったQさんに そんな疑問を投げかけると
                食べれるものなんてそこいら中にあると言う。

                そしてもちろん、食べれないもの、毒のあるものも
                みんなちゃんと知っている。

                川縁に咲く お花が黄色くて可愛い木は
                かなり毒が合って、枝を燃やしても毒が出るからダメらしいとか。

                私も、食べれるキノコとか、植物とか
                一目で分かるようになりたい☆



                2日目は お薦めの滝壺へとトレッキング☆

                ちょっとそこまで〜♪と、ほんの気軽な気持ちで出かけたものの、
                実際はかなりの散歩量でした。

                しかし途中、何度もマンゴー様の恩恵にあずかりました。


                巨大マンゴー様の下でセッセとひろう。。


                もう、よけようにもよけられないほど
                そこいらじゅう一面に 熟れたマンゴーが転がっている。



                こっそり白状するなら、
                腐ったマンゴーは とーっても臭いのです。。

                甘い香りと 甘くない香りに麻痺しつつ(笑)

                虫に食われていない、きれいなマンゴーを
                文字通り おなかいーーーっぱい 食べました。


                大きいのやら

                ちいちゃいのやら。。。

                6月末から7月にかけては
                マンゴー天国です!!

                マンゴーの他にも グァバも落ちていましたが
                さわやかな香りにそそられるものの、
                中は種が多くてうす味。。

                小ちゃくて種だらけのこの実からグァバジュースを取るのは大変な作業だ!
                と、グァバジュースを見る目が変わりました(笑)


                滝壺は、すぐそこだと思っていたのに
                道なき道を 道と見立てて(笑)進むことしばらくすると



                この先は進めるのだろうか???


                道という概念も崩される 素敵な散歩道♪

                おさるさんになった気持ちで楽しく進んで行きますと
                こんどは、、、

                チクチクの巨大植物の群生地!


                でかっ!

                とっても楽しい気分になりながら
                滝壺を目指します☆

                ジンジャーポンドと呼ばれる滝は
                散歩道の一番奥に ひっそりとありました。


                飛び込むも良し♪

                寝そべるも良し♪


                実は私、冷たい水に入るのがけっこう苦手でして。。。
                口笛吹きながら みんなが入るのをニコニコ見てるのが常ですが、

                今回は頑張って入ってみました!(笑)

                シャッキリ!キリッ!としました〜〜

                プチ冒険を堪能したあとは、
                帰りは当然迷いながら(笑)無事キャンプ地へ到着。


                忘れられない 大きくて優しいマンゴー様♪
                | ミラクルハワイ | 17:35 | comments(0) | - | - | - |
                日本人1%?
                0
                  カララウ体験記も後半に。



                  たった3泊4日のカララウキャンプ。
                  だけど、色々な物をそぎ落とすのに十分な時間となりました。



                  谷に住んでいる方々とも知り合え
                  たくさんの場面で助けて頂いて、胸が熱くなりました。


                  特に最終日、
                  来た時の海とはまるで別世界のように荒れ狂う波。

                  ボートも50mちかく離れたところにつけるのがやっと。

                  右からも左からもやってくる巨大な波
                  大きなナップザックやテントの入った袋を持って挑むなんて。。

                  しかも約一名、泳ぎが苦手だったと その時発覚。。

                  『波が来たら その下をくぐるんだ!!』

                  海の男たちがアドバイスを飛ばしてくれる。
                  しかも、

                  『荷物は俺たちが運んでやるから!』

                  と、荒波にもまれながら 荷物の入ったビニール袋を
                  必死で船まで運んでくれる姿を
                   私は絶対に忘れない。


                  下手をすれば、死んでもおかしくない。(これホント!!)
                  それくらいに 自然の力は強烈。

                  そんな大変な状況の中、快く
                  進んで手を差し伸べてくれる 器の大きさ。


                  涙が出そうになった。。。


                  仲良くなったQさんとその仲間たち


                  『ここに長年住んでいるけど、日本人でキャンプしている人を見かけるのは1%くらいだよ


                  本当かどうかは知らないけれど
                  その言葉に、ちょっと驚きました。


                  旅行好きの日本人。

                  世界中を見渡しても稀なほど、“自由に旅をする自由”を有する
                  恵まれた国。
                  (どの国に旅しても 問題なくWelcomeされる国民は、実は多くない)

                  ハワイを訪れる人は年々増えているけれど
                  11時間ハイクとか、天候に左右されるカヤックやボートでキャンプに挑む人はまだまだ少ないということなのか。




                  ある日、彼らが持っていた竹笛を貸してもらって
                  つたないながらに 日本の曲を聞かせたい♪ と演奏していたら

                  帰る日に、大事な笛をプレゼントしてくれました。
                  二人から、一本ずつ、
                  長いのと 短いの。。(涙)

                  ここでもまた、音でつながることが出来た出会いがありました。



                  これからの人生、

                  私はいったい どこで だれと 
                  何をして どんなふうに 過している?


                  どれひとつ、明確に答えられる物はない。



                  でも、

                  世界のどこかで いつも 
                  その瞬間に 自分の奥底に生まれる響きを音にのせて生きている


                  そんな願いと イメージだけは いつも私の胸の内にある。
                  不思議なくらい 明確に・・・

                  | ミラクルハワイ | 22:10 | comments(2) | - | - | - |
                  到着です☆
                  0
                    無事ハワイ到着です☆

                    今回は初めて チャイナエアラインを使っての渡米。
                    これまでのイメージを払拭できるほど
                    チャイナエアーは快適でした!!

                    椅子良し
                    食事良し
                    サービス良し


                    食事がびっくりするほど美味しかったです!

                    窓際とったら 隣も空いてて
                    2シートぶんのゆとりを満喫♪

                    とっても良く眠れました☆


                    今回の滞在は ホームステイ。
                    ふくこさんという 日本の方のお宅に泊まらせていただきます☆

                    とってもあったかいお人柄の ふくこさん♪

                    初日からもう、オアフのお母さん☆
                    と思えるほどの親密さが芽生えました。

                    頂いたお部屋も 広々快適!


                    朝夕のご飯も作って頂いて 一泊50ドル!!
                    (しかも 和食中心、シンプルで美味しいのです☆)

                    ワイキキにも歩いてゆける距離。
                    これは 今後もオアフの拠点になること間違い無しでしょう♪

                    到着初日は お昼寝厳禁!
                    (時差ぼけが始まってしまうから)

                    なので、ビーチの近くの公園へ。
                    楽器を練習していたら 色んな人に声をかけられました。

                    どうやら今夜はその場所で
                    ブルーグラスのライブ演奏があるみたいで

                    『出るの?』

                    と聞かれたり、リクエストを頂いたり(笑)

                    気ままに演奏して帰ってきました。

                    ネットは近所のSafeway(スーパー)で。
                    ワイヤレスでネットアクセスが24時間可能です☆

                    スタバも美味しいデリも豊富だから お茶しながらネットが出来ます♪


                    それにしても、
                    やっぱりオアフは都会です。

                    日頃、東京のど真ん中に住んでいても 
                    実はあまり『都会』を意識することはないのです

                    オアフに来てみて
                    『ああ、都会ってこういうエネルギーだ?』 と実感したという不思議。

                    海があり
                    山があり
                    緑の公園がたくさんあっても

                    カウアイ島やハワイ島で感じたエネルギーとは 全然違う、
                    と すごく思う。

                    エネルギーを作るのは
                    人なのかもしれない。


                    大自然に囲まれて生活していると
                    人は自然と 周りの環境の中に調和するようにとけこんでゆくように見える。

                    でも、人の数が圧倒的に多くなると
                    環境がもたらす影響力と 人が生み出すバイブレーションとの
                    力関係が変わってゆく。

                    ここでは 

                    自然の中に人間が息づいている という感覚より
                    人間が 環境に溶け込んでないあ、という感じが面白い。

                    でも、同じことを 
                    東京の真ん中では感じずにいたのは なぜかしら?

                    東京は既に 自然が少ないから?
                    東京は人が多いとはいえ 観光客のようなヴィジターよりも
                    生活者が多いから?

                    うーん、
                    それよりも・・・

                    “日本だから” という気がしないでもない。

                    日本人はもしかすると 欧米の人たちよりも自然に近いのかもしれない。

                    すっと 自分をまわりにとけ込ませる術
                    もともと持っているから とけ込んで見えるのかもしれない・・と、ふと。

                    そんなこんなで オアフ初日♪
                    のんびり過しております☆
                    | ミラクルハワイ | 09:53 | comments(0) | - | - | - |
                    日本人コミュニティ〜
                    0
                      ハワイ2日目☆
                      今日までオフ。

                      足がないので、ホストマザーの福子さんが
                      朝の礼拝(福子さんはクリスチャン)に行くのについて街まで。

                      ついでに暇なので 礼拝にも参加してみる。

                      日本の高知城を模したといわれる その教会は 教会には到底見えないお城風。


                      中は教会風♪
                      そして、8割りが日本の方。

                      普通に日本語だけが聞こえる。

                      お年を召した方々のかわいらしいこと!!

                      牧師さんのお話もとっても面白くて、
                      なんだか、こういう教会なら通いたくなるかな♪ と ふと。

                      笑いの絶えない説法♪

                      教会からは別行動、ということで
                      途中、頼んでもないのに 
                      アラモアナショッピングセンターで降ろされる。

                      きらびやかなショッピングモールに 入り口で目眩。。。

                      ああ、私のいる場所じゃない。。。(笑)

                      本当に、建物に入ることもできずに
                      中庭みたいなところをうろうろして、ギブアップ。

                      早くも脱出をはかり バス停を目指す。

                      うちまで全部歩くと 大変な距離なので
                      帰路はバスにチャレンジ。

                      オアフはバスがとっても便利。

                      (ハワイ島、カウアイ島にはない。)

                      2ドルで乗り放題。しかも一回乗り換えまで可☆

                      この辺から歩いてみようかな〜、という場所で下車。

                      ワイキキのはずれまで歩いて 昨日の公園で楽器でも練習しよう!と
                      歩き始めたら。。。

                      日系の男の人から声をかけられる。

                      『それなに?』と、楽器を指して聞くので
                      『Saxだよー♪』
                      と、答える。

                      色々話をしながらワイキキのはずれまで 楽しくお散歩。

                      全部会話は英語だけど、なんだか妙にわかりやすい。
                      会話は話す人のクセがあるから、普段100%はわからなかったりするけれど
                      この人とは 突っ込んだはなしをしていても不自由を感じない。

                      はなしも盛り上がり、
                      練習するの聞いていていい?と言われ

                      Why Not! という感じで
                      たどり着いた公園で 何曲かサービス演奏。

                      でも、
                      そのうち 馴れ馴れしくなってくる彼がめんどくさくなって

                      ぴしゃり。


                      アメリカ人(まあ、日系の人だけど)には
                      日本人女性にとっては通常の8割増くらいで ぴしゃりとしなければ 
                      効果が薄い。

                      ので、10割増くらいで ぴしゃり。(笑)

                      もっと練習していたかったけど、
                      『夕飯があるんで』 と、そそくさと立ち去る。

                      お家に帰ると、福子さんともう一人のホームステイの男の子
                      (韓国からの留学生)と 美味しい美味しい 和食の夕食。

                      みんな日本語。

                      彼の彼女は日本人らしく、日本語と英語を学びにハワイに来たと言う。

                      電子辞書片手に、けっこうちゃんと福子さんと私の会話にもついて行く彼。
                      すごいなあ。

                      そんなこんなで、
                      どこにいるのかわからなくなるのでした^^

                      すごいなあ、オアフ。。。
                      | ミラクルハワイ | 15:34 | comments(0) | - | - | - |