SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Cocorone

Cocorone(ココロネ)は 鎌倉にあるミラクルサロン'ano'ano のオーナー LiLiのブログです
動き始めた車輪(1)
0
    フィリピンはカオハガン島から 戻って参りました☆


    予想外の、 

    というか、


    予想以上の展開と収穫

    めまいクラクラしています(笑)




    “東京ドームサイズの小さな島”

    とは、聞いていましたが

    本当に、
    ぐるりと歩いても20分もかからないほどのほっこりサイズ♪


    日の出の時刻には ニワトリの声ともに目が覚め、





    海辺をゆっくり散歩しながら
    ダイナミックに姿を変える 朝焼けに心うばわれる毎日。




    ちいさな島には もちろん、
    車など 一台も走っておらず


    シャワーは 冷水。
    (お風呂好き&寒いのが苦手な私にとって、唯一の苦行でした^^) 


    どのコテージにも 網戸らしきものはなく、
    おのずと、蚊との共存。



    当然、携帯もつながらないし、
    島にはインターネット設備もありません。


    島のちいさな発電所で作る電気が使えるのは
    8時くらい〜夜は11時くらいまでなので、



    常時 電気を入れておかなければならない冷蔵庫も置いていないそう。



    それでも、
    毎食のごはんは それはそれは美味しくて、
    いつもバラエティに富んだメニューで 幸せでした♪


    カオハガン島のオーナーは日本人なので、
    宿泊に訪れるお客様たちも 日本人が多いため
    ご飯は、日本人向けにアレンジされているのかな?

    と思ってたずねると
    そうでもないらしく、

    フィリピンでも お馴染みの調理法なのだとか。

    昨年の、カンボジアツアーでも
    食事のおいしさに感動しましたが、

    アジア圏のごはんは 基本的に口に合うのかもしれませんね。



    初日の午前中、
    オーナーの崎山さんに 島をぐるりと案内をしてもらいながら
    感じたことはたくさんありましたが、

    ひとことで言うなら
    “小さいながらも すべてが詰まったリトルワールド”


    もちろん、
    いまや 島の外界とのつながり&かかわり抜きには語れない生活だけど、



    ここで生まれて、
    ここで育って、
    ここで家族を持ったりして、
    ここで循環してゆく命のサイクル
    が 

    私には ちょっぴりまぶしかったんです。



    8人家族のおうちの中。家財はこれだけ!


    島の人たちの笑顔に出会うたびに
    自分も、どこまでシンプルにそぎ落とせるかしら?
    と 考えるようになりました。



    さてさて、

    島では、崎山さんのパートナー 順子さんが
    キルトの技術を持ち込んでからというもの、

    キルト作りが島の人たちの 大切な収入源
    に。




    見るだけで元気になる色合いと、
    島の風景を織り込んだ 独特のパターンが人気の カオハガンキルト。









    男性もキルトを縫う と知ったときは ちょっぴり驚きましたが、

    島の小学校の 美術の授業を見学したとき
    繊細でセンスのある作品を作るのは どっちかっていうと男の子が多く、
    なんだか納得でした。^^




    今回、総勢28人!で 日本から訪れた 
    ゆかいでハイパーな パフォーマーの仲間たちが 
    連日連夜、 島の人たちを巻き込んで繰り広げたさまざまな企画。


    音楽あり、ライブペイントあり、
    パントマイムのようなパフォーマンス “ハプトマイム”やら、
    クラフト教室や、バスケットボールに鬼ごっこ、

    さらに、 
    日本とハワイとカオハガン島を結んで 同時刻に行った
    世界や自然界の平和を願う 祈りの儀式にいたるまで。。。

    毎日のお祭り騒ぎに 
    しっかり絡んで 盛り上げてくれたのは島の人たち。


    歌もうまいし、ノリは良いし、キルトはうまいし。

    本当に、
    まるごとアートな島だなあ。。。と 感銘を受けました。


    旅に出る前は、

    『小さな南の島で のんびり音楽でも奏でながらぽけ〜っとした時間を過しつつ、 じっくり自分に向き合う時間も持てるかな 。』



    などと 考えていたのですが

    どっこい。


    想像を超える ミラクルが
    怒濤のように繰り広げられていったのが 今回の旅でした。


    お得意のミラクルストーリーについては次回!(笑)



    暑いとこうなるワン^^
    | 旅ごころ | 23:00 | - | - | - | - |
    動き始めた車輪(2)
    0
      フィリピンカオハガン島ツアー 後記 第二弾★


      昨年のカンボジアツアーに引き続き、

      あまり詳しい主旨のようなものは
      決まっているような いないような感じで乗り込んだフィリピン。

      ただ、

      「楽しそうだから行く!」
       という

      “正しいノリ”
      (笑)だけで 参加を決めた人が
      ほとんどだったのではないかと思います^^


      わかっていたのは、


      素晴らしくごきげんな仲間たちが、

      音楽や パフォーマンスやら 映像やら、
      自分の得意なことを通じて、
      見知らぬ国の人たちと 
      ハッピーなバイブレーションでつながってゆこうという
      素敵なもくろみであること★だけ。 





      トウキョウからは5人。
      関西からは 大人子供含めて23人。


      前回のカンボジアツアーの ほぼ倍の人数!が
      リーダーAKIRAの 鶴の一声で集まったわけです^^


      それは、

      “ハッピーなバイブレーションが共鳴し、 
       さらに大きなハッピーバイブレーションを生み出した”
       という

      思えば 実にナチュラルなできごと。



      理屈とか、
      主旨とか、
      綿密な打ち合わせとか、

      なくたって良いんです。


      必要以上に 具体的なスケジュールを掲げなくても
      想像以上のスペシャルな時間が 繰り広げられてゆく中で


      ひとりひとりが こっそり隠し持っていた色んな技
      どんどん引き出されてゆき、


      だれもかれもが 

      自由に

      歌い出したり、
      おどり出したり、
      演奏し出したり、
      絵を描きだしたり、、、

      それはもう、
      みんな パカーン★と解放されてしまって 
      ものすごいことになってました。



      参加していた5人のちびっ子たちも、
      どんどん本領を発揮してゆくなか ますます個性が際立ってゆき

      最初は収拾がつかなかったハチャメチャさにも
      バランスと秩序が生まれて来たりして。

      1週間で 目覚ましく変化&成長。


      ミュージシャンや パフォーマーとして参加した人たちばかりでなく
      写真家、映像のプロ、まとめ役、盛り上げ役、突っ込み役(笑) etc...


      多彩な面々が 楽しいバイブレーションで響き合っているうちに

      互いが、互いのスペシャルな部分を
      どんどん引き出し合っていった 目を見張るような8日間。




      さて、

      今回の旅には 
      島の人たちとの交流の映像をおさめるということで
      映像班の Y西さんが同行。


      『こんな素敵な場所にいるんだから、
       希望があればPV(プロモーションビデオ)でも撮りましょう。』


      という話しの流れから、

      われもわれもと PV撮影がはじまってゆきました。


      誰かのPVのために 誰かがサポートに入ったりして、

      日本では それぞれ別の活動をしているアーティストたちが
      あっちでもこっちでも コラボレーションをはじめ、


      『何時からは○○さんの撮影が△でありますので』と、

      いきおい、みんな大忙しに!



      ロケーション素敵すぎ★


      海の中でも演奏しました♪


      即席メンバーとは思えない充実のサポート群!



      ワン監督のチェックも入ります♪


      本当に、
      連日、繰り広げられることすべてが 素晴らしすぎて、


      3日後に帰国が迫ったある朝、



      私も、


      勢い余って、、、


      Y西さんに、打ち明けてしまいました。



      「あのぅ、、私のPVも 撮って頂けないでしょうか。。」

      と。



      みんなのPV撮影の過密スケジュールで
      いっぱいいっぱいだったのに

      Y西さんは 笑顔で、

      『やりましょう♪』

      と、言ってくださいました。


      打ち明けてから ドギマギするワタシ。


      言ってはみたものの
      ど、ど、ど、どうしよう〜。。。





      いったい、ぜんたい、
      私は なんのPVを撮ろうというのでしょう?



      その秘密は また次回に(笑)


      まるで サックスを吹くコロボックル♪
      | 旅ごころ | 22:18 | comments(2) | - | - | - |
      動き始めた車輪(3)
      0
        フィリピンカオハガン島ツアー 後記 第三弾★



        旅のレポートに

        『動き始めた車輪』 


        というタイトルをつけたのには わけがありました。


        ツアーの内容自体とは 関係のない
        “とてもとても 個人的な話”ではありますが、


        ちょうど、
        フィリピンツアーに出発する 3日ほど前。


        ワタシは、
        何を思い立ったか、

        『3●才 名もないサックス吹きの企画書』
         という

        一見ふざけたタイトルの、 
        実は 超真面目な企画書(笑)を


        本気の正気で 
        意を決して 書きはじめたところでした。


        誰宛に?


        。。。さあ?
        それさえもまだ 決まっていないのに、です。^^




        約8〜9年前、 突然
        サックスの音に出会って 人生がはちゃめちゃに大転換した私。


        それ以来、

        色々なチャレンジ、出逢い、学び、変化にもまれつつ、
        山も谷も、海も空もとび越えて
        ワラシベ長者的な流れで(笑) ハワイにまで住んだりして 
        今があるわけですが、


        どんな変化の波をくぐり抜けても

        唯一 変わらない(変えられない) 
        ひとつの夢のビジョン
        がありました。


        「楽器を持って 世界中を旅して、
         音で 世界とひとつになりたい」




        言葉や、信仰や、世代や、文化や価値観、政治背景、
        健康か病気か、とか 貧困か富裕かとか、


        あらゆる垣根を取り払って
        ココロの奥深くに届き 響き合う力が 音にはあって、



        それは本当に、一瞬で 
        色々な感覚を 細胞レベルでまるごと入れ変えてしまうほどの
        すごいメディスン(妙薬)である
        こと。


        ある時期、 瀕死だった私の心を救ってくれた
        そのメディスンの ひとかけらを持って
        世界に 恩返しをしにゆきたい。



        そんな 
        夢みたいな、あこがれみたいな、
        漠とした願いを 心に秘めつつ、


        「でも ひとりでなんて無理〜」
        「どうやって〜?(お金は?時間は?)」
        「ワタシなんかの力量じゃあ、できること限られてるでしょ」
        「まあ〜、いつかはねぇ。。」


        と、
        いつまでも 及び腰のまま 
        かなりの月日があっという間に過ぎて行きました。


        実は、
        今、本業としているボディーワークも 本来は

        「音楽を 一生、健やかに続けてゆけるための手段」 として選んだ、
        というくらいに、
        音を出しつづけてゆくことに対しての思いは 真剣。


        だけど、

        妙なこだわりと 生真面目すぎる性格がたたって、
        はじめから高めに設定しすぎた目標レベルに
        自分自身でひるんでしまって(笑) 


        いつまで経っても、
        こわくてこわくて、恐れ多くて、
        一歩を踏み出すことができず、 光陰矢の如し。


        そんな状態がつづく中、

        気合いを入れなおさなければならない出来事
        ここ数ヶ月のあいだ、自分の内側に 次々に起こってゆきました。


        そして、崖っぷちまで追いつめられた私は、


        ■本当に願うビジョンは、よりクリアにイメージしてみること
        ■それを叶える手段は必ずある、と心から<信頼>すること



        という、
        ビジョンを形にするための<王道>とも言える手法を
        「きちんと腑に落とそう!」 と、


        ある意味、
        自分の意志固めのために書きはじめた企画書 でした。


         〜企画書の概要〜

        ◇メディスンとしての音にふれて 覚醒が起こった体験

        ◇それによって、人生を大きく変えてゆくほどの大胆な行動を
         いくつも選択してきた経緯

        ◇心動かすもののバイブレーションにふれて 行動を起こすと、
         すべてが想像以上に好転してゆくことへの確信

        ◇そんなハイバイブレーションで、色々なものと
         響きあってゆく旅を続けたい。

        ◇それを、映像にもおさめたい。(より多くの人とシェアしたい)






        そしたらですよ、 in カオハガンツアー。


        なんと、

        望むビジョンのすべてが 
        てんこ盛りにもり込まれている
        ではありませんか。


        「映像にしたい」というところまで 
         一気に現実になるなんて。。。




        今回の旅の中では、
        そうした、『自己覚醒』的な出来事が、
        私以外のたくさんの参加者の中にも どんどん起こってゆきました。


        中心にあったのは、 やっぱり 音。

        そして、
        みんなの、 まぶしいくらいのハッピーバイブレーション。



        そんな、<音>にフォーカスをした旅を
        これからも続けてゆけますように、

        そして、より多くの人と
        体験をシェアしてゆきたいという思いをこめて撮影して頂いたのが 
        私のPV(プロモーションビデオ)なのでした。


        『音というメディスンを もっともっと追求してゆきたい』


        そんな思いが 湧きだしてやまない
        帰国後の LiLiです★

        | 旅ごころ | 15:55 | comments(0) | - | - | - |
        はじめての(?)奉納演奏 〜関西ツアー紀1〜
        0
          みなさま こんばんは♪


          たったいま

          4日間の関西ツアーを終えて
          夜行バスに乗り込んだところですが、




          !!!!!



          2階建てバスの 最前列!


          未体験の高さからの 爽快な眺めと
          足がのばせる ラクチンさ♪

          まるで、ご褒美♪的な ビジネスクラス待遇
          興奮さめやらない LiLiでございます☆




          連日の移動とライブで 疲れているはずなのに
          感動と、感謝で胸がいっぱいで 
          眠るのが惜しいほどだった4日間。




          プライスレスで ハートフルな時間が詰った日々に
          若干、消化不良を起こしそう(笑)なので


          ツアー後記、 ぼちぼち参りますね^^



          ◆9月23日 ツアー初日



          早朝に到着した京都駅は
          もんのっっっすごい 土砂降りの雨で、
          バスから降りるのがためらわれるほど。


          今夜の神泉苑での観月会、野外演奏だったような。。。。


          と、寝不足で疲れた心身が さらに重く感じられる。

          午後になっても 絶望的なほどに
          空にはぶ厚い雲と 断続的な雨。


          おかしいなー 
          自分、かなり強烈な 晴れ女のはずなのに?



          と、首をかしげていると

          今回、この関西ツアーに招いてくれた Misera☆ちゃん
          なにを隠そう、水にご縁の深い天女さまと知る。


          雨を降らせることは むしろお得意技だとか?^^



          こ、これはもしや。。。


          と、一瞬思ったものの、
          雨天だと中止になってしまう この観月会。


          ツアー早々に 演奏中止なんてことは。。。。



          二人で『絶対に雨は上がる!』 と 信じてゆずらず、

          訪れた 神泉苑 http://www.shinsenen.org/



          到着するやいなや
          みごとに上がりましたよ♪ 雨。



          夕暮れ時には 雲間から光が差し、
          流れる秋の雲の美しいこと!!



          神泉苑の敷地内には 錦鯉の遊ぶ大規模な池に
          龍の船がうかんでいて



          この観月会では
          その龍の船にのりながら 遊覧しながら
          音楽を楽しむこともできるのです。






          おごそかに始まった 観月会は
          Miseraちゃんの舞いや、美音(みおん:愛娘ちゃん)ちゃんの
          歌も加わって 素晴らしいコラボになりました☆













          なんと、
          1200年以上の歴史をもつという この神泉苑。

          平安貴族たちも その池で遊んだという、そんな 
          気の遠くなるような時間を見守って来た特別な場所に立ち 
          自分が音を奏でているという不思議に、


          かるく、放心状態。



          以前から、

          森や川や海などの 『自然』に向けて、

          ただ純粋に<奉納>するような気持ちで
          音を奏でる機会を たくさん持ちたい



          と、思っていた私にとって
          神泉苑での 奉納演奏は 本当に素晴らしい体験となりました。


          そんな経験をして初めて、 ふと気づいたのは


          「あれ? 実は日頃のライブと モチベーションはまったく同じかも?」


          という 感覚。


          大都会の真ん中の ライブハウスであっても
          カフェでの演奏であっても
          野外ステージや 旅先の公園であっても


          自分が音を出すときの感覚って
          やっぱり こういうことか。


          と。


          なんだか 
          そんな基本的なことが思い出せただけで

          とっても すがすがしい気分になれた演奏会でした。



          続く♪
          | 旅ごころ | 00:57 | comments(0) | - | - | - |
          駆け足で 関西ツアー後記2♪
          0
            相変わらず、


            “光陰矢の如し” 的な 
            毎日を送っているLiLiでございます。


            日々繰り広げられる <書きたいことたち> が 

            「押すな押すな!」
             と、
            長蛇の順番待ちをしているので(笑)


            関西ツアー後記2は ダイジェスト版でお届けします♪



            と、  

            その前に。


            ワタクシ、
            ここでひとつ 告白があります。



            この9月の初めに

            ついに 9年越しの夢を叶えてしまったのです!



            15回分割ローンで。(笑)





            これを




            買ってしまったのです!
            (2本目の ソプラノサックス。)



            念願の シルバーsax(メッキじゃないよ♪)です。



            9年前、
            私の人生を大転換させた サックスとの出逢いは、
            シルバーのソプラノサックスの音色でした。


            シルバーのサックスは 銀という素材が持つ独特の 
            重みと深みがあります。


            いつだって、初めての音との出逢いが忘れられず、
            ときおり、 思い出したかのように

            「いつかは 私もシルバーソプラノを吹きたい。」



            と、あこがれつつも


            同じソプラノを2本も持つなんて贅沢を 
            自分に許せる日は そうそうやっては来ず、


            いつか、 いつかは。。。


            と 思いながら 月日は流れてゆきました。



            そして、
            気づいたのです。




            「準備が完璧に整ってから手に入れよう」 

            なんて、思っていても

            いつまでたっても 
            その日は来なかったりするんです。


            色んなことに関して 思うことですが、

            ドキドキしながらも まず行動を起こして はじめて、
            本当の意味で 『手に入るもの』や『成果』ってある。



            そしてこの、新しい楽器を手に入れて、
            驚いたことがあります。


            同じサックスなのに、
            新しい楽器で演奏すると 

            自分から出てくる 表現に 
            いままでにない 新しい要素が加わってくる
            ことに 

            かなり びっくりしているのです。


            折しも、

            このソプラノサックスを手に入れた週の 『筋トレ』(私の大好きな占いサイト:http://www.st.sakura.ne.jp/~iyukari/ )に、

            こんなことが書いてあったのを、
            買った直後に読んで 2度びっくり!


            〜筋トレより抜粋〜


            今週は、何か物理的に、
            手に入るものもあるだろうと思います。
            それは、切れた電球を取り替えるような
            「引き替え」ではあるのですが、
            それが手に入った時、
            「手元に何かが増えた!」という感覚よりはむしろ
            「スッキリと整理がついた!」という感覚の方が強いと思います。
            ※ この部分はあくまで物理的、物質的、あるいは経済的なことです。



            うーん、
            私にとって “取り替えた電球”は サックスだったのかも!



            そんな、
            オマケ的な 楽しい興奮も覚えつつ、


            吹けば吹くほど 変わりゆく 
            シルバーソプラノサックスの音色を 
            自分色に育てることに ときめいているところです♪




            こうして、
            新しい楽器を持って 挑んだ 関西ツアーでは

            図らずも 新しいことに 
            たくさんたくさん 遭遇&挑戦して参りました。



            ◆ 9月24日 南草津プレンルーノ

            大好きで、 大ファンで、 
            愛してやまない 滋賀のハイパーユニット AKIRA×AKIRA




            これまでも 国内外を問わず
            何度も一緒に ライブ活動させて頂いて参りましたが、


            ひとつ
            叶っていない夢がありました。


            それは、
            AKIRA×AKIRAの オリジナル曲で 共演すること。



            AKIRAの曲は ちょっぴりKeyも難しいし、
            私の苦手な アップテンポの曲も多いし、

            やりたいけど お邪魔になったら。。 などとヒルんでおり


            「もっと練習して あのノリについていける力がついたら!」


            と 思い続けて はや数年。。。


            その 「いつか。。。」のパターンに終止符が打たれたのも
            今回のライブでした。





            大っ好きなアーティストの
            大っ好きな曲で 共演させて頂ける幸せは
            何にも換えられない 至福体験でした☆



            ◆ 9月25日 大阪@天王寺 ゆるBar ル・ペール


            まだまだ続く 初体験シリーズ^^

            大阪での体験は、
            これまた 尊敬してやまない 

            ソウルフルなサックス吹きeccoちゃんと
            スティールパン奏者 つやつや♪ との共演。





            こちらはですね、
            ほぼ、 ぶっつけ本番だったわけです(汗)


            練習したことも 聞いたこともない曲を、
            譜面も読まず(正しくは「読めず」笑)

            さも、知っているかのように演奏するという特技が
            どうやら 私にはあるようで、


            “チャネリング演奏”(笑) 

            とでも 呼んでしまいたくなるような飛び技を ここでも披露。


            eccoちゃんと繰り広げた 二人の即興演奏も大好評でした♪


            「準備無しでこんなんできるんだったら いつでもまた来て!!」

            と、
            初対面だった つやつや♪ にも喜んで頂けて、

            本当にミラクルな 関西ツアーを終了★


            いつも、
            どれだけ日焼けをしても 全然むける気配もない私ですが、

            この3日間は
            一皮も 二皮も むけにむけた 清々しい旅となりました♪



            ecco姫との公園デート♪
            | 旅ごころ | 01:56 | comments(0) | - | - | - |
            ー10℃の世界で
            0
               明けましておめでとうございます★ 
              (今度こそ正式に(笑))

              毎年、
              年末年始は 家族で過ごすのが習わしですが、


              昨年は、なにも知らずに 兄の家に集合したと思ったら、
              車に乗って連れてゆかれたのが 長野のスキー場。

              防寒の準備もないまま、
              ミニスカートでゲレンデに降ろされた 場違いな私でした^^


              ドロンズか!!




              ということで、


              今年は念のため聞きましたよ。 前々日に。


              「マイナス10度らしいから あったかい格好でね♪」


              そう言われて やって来たのは 北海道。


              ・・・傷心の旅にはふさわしいじゃないですか。(笑)




              昨年の、スキーデビューでゲレンデを心待ちにしていた 
              甥っ子ちゃん、姪っ子ちゃんを連れて

              めいっぱい頑張る お父ちゃん(兄)。


              大学時代にスキー部だった兄は
              運動不足で ころんころんに太った今も スキー板を履いたら別人★


              子供たちには 尊敬されてやまない 
              おちゃめで素敵なお父さんっぷりがまぶしかったです^^



              そして私も、
              十数年ぶりのスキーを楽しむことに。


              自転車や水泳と同じで、
              一度覚えたら忘れないという スキーの技術。

              ブランクを感じさせず 問題なく上級者コースを滑り降りて来て、

              おまけに 1日置かずに筋肉痛がやってきて(笑)

              まだ若いのね♪  

              と、ホッと一安心の とし女、LiLiでございます^^



              久しぶりの雪の感触を 味わいながら


              相手が雪でも、波でも、

              リラックスして相手(雪)を感じ ひとつになる感覚を楽しむこと
              信頼して身をゆだねること、心を開くこと

              そして、
              あなどらないこと(敬意を払うこと)。


              何かと仲良くなるために 大切なことは
              全部同じなのかもしれないな


              と、
              なんとなく 思ったりしました。



              ちょっと話しは飛躍してしまうかもしれませんが

              世界はすべて 自分の内側の反映。

              恐いな、とか
              嫌だな、とか
              苦しいな、とか
              悲しいな、とか
              我慢できないな、とか

              そんなふうに感じる時には 
              それを感じる必要がある “何か” が、自分の中にあるようです。


              相手が自然でも、人でも、状況でも。



              昨年は、
              そうしたものを 本当にたくさん発見して来ました。


              視点/視野の転換も 次々に起こりました。


              その度に、
              世界が自分に 優しく愛情深くなってきたことを 感じます。


              そして、
              意識の転換(好転)の前には 大小の痛みはつきもの


              ということも 実感しました。


              だから、今年の目標は

              躊躇なく

              (自分を)見守ってあげたい
              (自分を)応援し続けたい
              (自分を)肯定してあげたい
              (自分を)信じてあげたい


              と、アファメーションしてみようと思います。


              何か/誰かに対してできなかったそれは、
              自分に対してできてこなかったそれ でもあるから。


              追伸:
              石井ゆかりさんの占星術サイト
               “筋トレ”
              今年も 待ちに待った年報が出ましたよ!

              http://st.sakura.ne.jp/~iyukari/wh2011/clearwhite_nocolor_menuy.html

              | 旅ごころ | 23:11 | comments(0) | - | - | - |
              大収穫祭♪
              0
                先週末から 
                名古屋→長野→浜松→滋賀→大阪→奈良→鎌倉 と、

                相変わらず、
                なかなかの移動っぷりを発揮している最中の LiLiでございます♪


                今回も、本当にたくさんの出逢いに恵まれて
                世界が広がる 素敵な旅になりました★


                長野では、
                数年ぶりに 舎爐夢ヒュッテを訪れ、

                それはそれは素敵なお宿の“収穫祭”で演奏させて頂きました。


                ほっこり素敵な森のお宿、シャロム♪



                雅紀与ちゃんともコラボ♪

                オーガニックレストランや雑貨屋さんも併設のシャロムさんは
                自給自足のエコロジ−な農的田舎暮らしをモット−にした宿泊施設で、
                パーマカルチャーガーデンでのエコツアーもおこなっていらっしゃいますが、


                この夏から農業をはじめた AKIRAちゃんを

                「ここに連れてゆきたいな〜♪」
                と、思っていた矢先に、

                雅紀与ちゃんにつないでもらったご縁で、
                あっというまに演奏で訪れる機会ができたのも 
                ミラクルとしか言いようがありません^^


                イベントのあとは

                畑で収穫されたお野菜を使ったおいしいご飯を囲み、
                夜な夜な演奏したり 語らったり。


                みんな、アーティスト♪


                至福のときを過ごさせて頂きました!


                また、次の日の朝には、

                畑のお世話をしている ぐっさんには
                本当に丁寧に 色々なことを教えて頂き、

                自然農に関心のあるみんなは テンションあがりまくり♪


                みな熱心♪

                ここでは、
                完全無農薬無肥料、そして耕さない方式の
                自然農法も行っていますが、

                比較するために 肥料を使って育てる畑もあるとか。



                「でも、出来上がりは どちらも同じなんだよね。」



                というぐっさんのコトバが とても印象的でした。


                肥料をやった畑でとれるお野菜と

                種を蒔いたあとは
                自然界の様々な生き物たちの相互作用を生かして 
                完全に放置状態の畑からできるお野菜と

                その 出来具合の立派さに違いがないなんて!!

                無農薬、無堆肥(無肥料)のお野菜は素晴らしいという話しは知っていましたが、
                リアルに現物を見ると、その実感はひとしおでした★


                早起きして一緒に収穫した大根たちと♪


                お米を育てている田んぼにも連れて行って頂きましたが、
                またまた驚きがたくさん!!

                昭和や平成といった時代の変わり目に
                とつぜん現れた 新しい品種のお米のお話しや、

                たった一本の稲の穂を受け継いで
                三年後には 一反のお米がとれるようになったお話しなど、

                興味は尽きませんでした^^


                珍しい陸稲!!稲じゃないみたいにふさふさ^^
                故)福岡正信さんから受け継いだハッピーヒルという品種で、
                ひとつの穂につく米粒の量が 通常の稲の3倍もあるとか!



                通常の水稲はこちら★




                元、ばりばりロックンローラーのぐっさん^^




                田んぼGirls♪



                そして、
                長野をあとに 浜松パヤカへ。。。


                こちらでも
                ディープディープな1泊2日を過ごしました^^

                (パヤカミラクルはまたの機会にご紹介致します♪)


                3泊4日の種まきツアーは
                色々な意味で 大収穫祭でした!!
                | 旅ごころ | 19:05 | comments(0) | - | - | - |
                タイ語にドキドキ♪
                0
                   今まで旅した国々は、
                  意外と英語が公用語の一つとして通じるところが多く、
                  そのことに甘んじておりましたが、

                  今回の旅では、
                  出来る限りタイ語に挑戦してみよう!と思い、

                  朝、散歩中に立ち寄ったカフェで
                  持参した「旅の指さし手帳〜タイ語〜」を熟読。



                  タイ語は発音が難しいようで かなりドキドキではありますが、
                  思い切って話しかけてみて 通じたときの嬉しさは
                  いいようのない幸福感!(笑)

                  「おや!?」 と、嬉しそうにしてくださる
                  店員さんの笑顔に出会えるのもまた格別♪


                  そんなドキドキ感と 楽しく奮闘していたとき、

                  お店に入って来た欧米人(おそらくアメリカ人)が

                  「英語は通じてあたりまえ」 という躊躇のなさ
                  英語で質問&オーダーしているのを見聞きしていて

                  お国柄を痛感。。。


                  「人のふり見て我がふり直せ」 ということで^^

                  この1ヶ月、一生懸命タイ語で話しかけてみようと
                  ますます決心が固くなりました(笑)


                  今回は、マッサージを勉強できれば本望♪ な旅なので
                  あまり観光する予定はないのですが、

                  せっかくのオフだし、
                  少しくらい辺りを散策してみようと 近場をぷらぷら。

                  日本で言えば、京都や鎌倉のような立ち位置の 古都チェンマイ。

                  数歩あるけば 寺院に当たる(笑)







                  大きくてきらびやかな寺院は 一つ見たらもうお腹いっぱいになる。。

                  と、思っていたら、
                  細い路地裏に そそられるたたずまいの入り口。






                  寺院、、、? ではないようだけれど、

                  苔むした銅像たちがひしめいている 不思議な空間。







                  すっかり癒されて、
                  本日の散策終了〜☆


                  そして、夜。。。

                  昨年から シンガポール駐在になられた
                  鎌倉サロンのお客様が、なんと!

                  わずか一泊の弾丸トラベラーで遊びに来てくださって、
                  夕飯をご一緒することに♪


                  出発前に 友人にお勧めしてもらった
                  Blue Diamondという ベジレストランに行って参りました☆




                  知らない土地で、
                  懐かしい人に出会える幸せ♪




                  見違えるほど日焼けされて、現地人っぽくなられたご様子^^

                  ごはんもとっても美味しく、お話も盛り上がり、
                  あっという間の3時間でした。

                  なんだか面白いチェンマイライフが始まりました☆
                  | 旅ごころ | 01:59 | comments(0) | - | - | - |
                  再会 vol.2 〜パヤカチェンマイ♪〜
                  0
                    数年来お世話になっている、浜松のPayaka
                    この2月22日に チェンマイ店をオープンしたことを知ったのは、
                    チェンマイに来る数日前でした。

                    絶妙なタイミングで、Facebookでフレンド申請をしてくださった
                    浜松Payakaスタッフの Mikiちゃん、本当にありがとう!

                    お宿から徒歩圏内にある チェンマイPayaka。

                    オープンしてから約ひと月がたったところ、ということですが、
                    浜松と負けず劣らず、とっても素敵な雰囲気!!













                    オーナーのとおるさんもいらっしゃったし、
                    浜松からのお友達、ジョアンナ夫婦にも再会できて、みんなびっくり♪

                    築が100年、120年、200年!! という三つの建物を上手に改築しながら、
                    これからますます Payaka色に染まっていくであろう、その素敵スペース
                    居心地最高☆☆☆



                    大好きな宮下さんのライブペインティングが 
                    いたるところに施されていて ハッピー&ピースなバイブレーションにも
                    かなりテンションがあがりました♪








                    ゲストハウスもやっていらっしゃるようで、
                    オフシーズンは かなり格安!
                    さらに、長期滞在者には嬉しいディスカウントも充実☆




                    午後の日が傾くまで のんびり語りあったあと、

                    おもむろに、とおるさんが

                    「バイクでドライブに行く?」 と、声をかけてくださって、

                    2けつ、ノーヘルの プチツーリングの旅へ♪


                    かなり広範囲にドライブしてくださって、
                    チェンマイのあらかたが見えてきました^^

                    旧市街の西側に広がる山の中腹まで攻めてゆき、
                    タイ王家の人が経営していたという ゴージャスなコンドミニアム跡地?に潜入♪



                    どうやらとおるさんは 
                    いずれここにもPayaka王国を☆
                     と企んでいるらしい^^

                    そのあと、
                    チェンマイ大学の近くの喫茶店で カフェイン注入★

                    さすが、大学の近くだからか、料金安めが嬉しい感じでした♪

                    夜は 旅の疲れを癒すべく、
                    お宿近くのタイマッサージ屋 Home Massageさんに☆

                    1時間150バーツ(およそ400円!!)
                    強めの指圧多がめの施術でしたが、たまった疲れはスッキリ!

                    サバーイ♪(=きもちいい♪)


                    図らずも 充実の2日間を過ごし、
                    明日からいよいよ スクールが始まります!
                    | 旅ごころ | 20:48 | comments(0) | - | - | - |
                    ポッカンマイカー♪
                    0
                       チェンマイでの学生生活がはじまって
                      1週間が経ちました。


                      ゆるやかに 濃厚な日々。。


                      タイ古式マッサージのベーシッククラスも無事終了し、
                      やっと明日は貴重な1day OFF♪


                      学校通いの他は 何の予定も入れていないものの、
                      素敵な出会いが 毎日毎日たくさんあって

                      なにかと、足早に時間は過ぎてゆくものですね。


                      週5日間は 朝から夕方までみっちり授業ですし、

                      終われば誰かとバッタリ会って お茶やご飯などをしていたら
                      あっという間に夜は更けてゆくし、

                      「この機会にゆっくり読書でも」と、

                      超過料金スレスレになりながら スーツケースにしのばせて持参した
                      何冊もの本たちは 未だ手つかずのままですが^^

                      本を読んでも得られない 実地経験の数々に毎日満腹☆

                      満腹、 と言えば、

                      この度のチェンマイ生活、食に恵まれている。


                      「タイのローカルフードは味の素たっぷりだから・・・」

                      と聞かされていましたが、

                      素敵で美味しいオーガニックベジのお店も意外と多く、
                      食べることの楽しさも堪能中!!

                      宿泊しているGreen Daysの一階も
                      化学調味料不使用、ベジフード豊富なカフェですし、


                      ボリューム満点のパッションフルーツスムージーも☆


                      徒歩圏内にいくつも、
                      体が喜ぶごはんを食べれるお店を発見いたしました☆

                      お庭もきれいなTianZiは 何度も行きたいお気に入りスポット♪




                      鳥の丸焼きが人気のSP CHIKEN、二人で1匹ペロリの美味しさ♪





                      パワーベジタブルのサラダがテイクアウトできる Beetroot Stories



                      タイ、ミャンマー、ラオス、ベトナム北部の山岳民族のオーガニックフードも
                      研究しているPandauでは、ミャンマー産の納豆やコンニャクなどのメニューも!



                      もちろん、屋台ご飯も お財布の強い味方!



                      ロティ (Roti) と呼ばれる、タイ、マレーシア、シンガポール、インドなどで
                      食べられる、パンやクレープのような食べものにハマり、
                      かわいい女の子がやっている屋台にも通ってしまいます。



                      そして、
                      毎日学校で出る フルーツや珍しいスウィーツのおやつも◎



                      一見、得体の知れない駄菓子が 意外に甘さも過ぎずに美味しかったりします!
                      (写真はごま味のキャラメルでした^^)




                      そんな充実の食生活の中、
                      まだ叶っていないのが、
                      “カオニャオマンゴー” を食べる夢☆

                      学校が終わってゴソゴソしてから出かける いつももう閉まっている。。。

                      休みの明日こそは! と、ちいさく闘志を燃やしています(笑)


                      そんなこんなで、
                      一番よく使うタイ語のフレーズは、

                      サワーディーカー(こんにちは)と、
                      コープンカーッ(ありがとう)の次に、

                      『ポッカンマイカー♪(また来ます!)』


                      また来たいお店が多すぎなのです^^


                      | 旅ごころ | 05:01 | comments(0) | - | - | - |